endo.labロゴトリミング.png
工学院大学 まちづくり学科 遠藤新研究室

professor


遠藤新

教授 博士(工学)
都市デザイナー



先生.JPG

学歴・職歴
1973年3月愛知県生まれ
1991年3月愛知県立岡崎高等学校卒業
1995年3月東京大学工学部都市工学科卒業
1997年3月東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了
1997年4月~7月東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程
1997年8月~2005年3月東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻 助手
2005年4月~2009年3月金沢工業大学環境・建築学部 建築都市デザイン学科 専任講師
2009年4月~工学院大学工学部建築都市デザイン学科 准教授

2003年3月~10月文部科学省在外研究員、マカレスター大学地理学部客員研究員
                         (米国ミネソタ州セントポール市)
2003年4月~2005年3月関東学院大学非常勤講師(都市デザイン概論)
2003年4月~2006年3月青山学院大学客員研究員
(サイエンス・ショップとしての大学の可能性に関する研究)
2004年10月21日 博士(工学)取得
2005年4月~2006年3月金沢工業大学 工学基礎実技教育課程 専任講師
2007年1月 初級教育士(工学・技術)
研究業績
A-1.学位論文
1)卒業設計「池袋副都心再開発計画」、東京大学工学部都市工学科、1995年3月
 (日本建築学会「全国大学・高専卒業設計展示会」出展))
2)修士設計「代官山ヒルサイドテラス第七期計画〜公共空間デザイン手法の提
案〜」
  東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻、1997年3月
3)博士論文「地区を顕在化する都市再生手法の研究〜米国中西部ダウンタウン・
フリンジの再生戦略を中心に」
  東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻、2004年 同年10月21日付けで博
士(工学)の学位を取得。第16103号。(社)日本都市計画学会2005年度都市計
画学会賞論文奨励賞受賞
 
A-2.学術論文(審査付き論文)
1)          遠藤新・北沢猛「地区再開発をマネジメントする組織の機能に関する研究:
米国セントポール市ロウアータウン再開発公社の事例を通じて」日本建築学会技
術報告集No.17、pp12〜18、2003年6月
2)          遠藤新「大学に基盤を置く街づくりセンターの研究:米国の大学におけるデ
ザインセンターの事例分析を通じて」日本建築学会技術報告集No.20、pp295〜
300、2004年12月
3)          遠藤新「街づくり専門組織による地区の再活性化戦略と実践手法に関する研
究:米国セントポール市ロウアータウン地区における「芸術地区」の形成過程を
事例に」日本建築学会技術報告集No.21、pp293〜296、2005年4月
4)          Tani, A. & Endo, A., “Historical Preservation through a
Participatory Process”, AESOP 2005
5)          遠藤新「米国版まちづくり会社によるダウンタウン空間整備事業の促進手法
に関する研究」日本建築学会技術報告集No.22,pp481−486、2005年12月
6)          遠藤新「街づくり組織による連鎖的整備の促進手法に関する研究」日本都市
計画学会学術研究論文、pp15〜24、2006年4月
7)          関祐也・西村幸夫・北沢猛・窪田亜矢・遠藤新・村山顕人「法的拘束力を伴
うデザイン審査の運用実態に関する研究- 米国オレゴン州ポートランド市のデザ
インレビューを事例に」日本建築学会計画系論文集、pp.610—617、2006年12月
8)          遠藤新「まちづくり実験におけるコミュニケーションの諸相」、工学教育、
vol.55、no.1、pp.34—40、2007年1月
9)          遠藤新「米国ダウンタウンにおける再開発会社による修復型再開発事業のデ
ザイン手法に関する研究:セントポール市ロウアータウン再開発会社を題材に」
日本建築学会計画系論文集、pp.149-156、2007年5月
10)       遠藤新「米国における歴史保全地役権プログラムに関する研究」日本建築
学会計画系論文集、第75巻、第652号、pp.1517-1524、2010年6月
11)       遠藤新「米国ルイビル市の土地開発条例における形態地区制度の実態:米
国のゾーニングにおける形態規制に関する基礎的研究」日本都市計画学会、都市
計画論文集(45)、pp.115-120、2010年11月
12)       関谷進吾・遠藤新・前田英寿・西村幸夫「建築職能団体が運営する地域連
携拠点:米国建築家協会(AIA)のセンターフォーアーキテクチャー」、日本建
築学会計画系論文集、建築学会計画系論文集 2011年9月 第76巻、pp.1659-
1666、第667号
13)       遠藤新「米国フィラデルフィアにおける未利用地マネジメント事業に関す
る考察:都市縮小に対する緑化と暫定空地の戦略的近隣展開」、日本建築学会計
画系論文集 2011年10月 第76巻 第668号
14)       Singo Sekiya, Arata Endo: Study on collaboration methods among
stakeholders in Urban Design Centers, APSA, 2011
15)       遠藤新「米国都市における雨水流出管理政策としてのグリーンインフラ計
画に関する研究:ペンシルバニア州フィラデルフィア市の雨水規制長期計画を題
材に」日本都市計画学会、都市計画論文集(46)、pp.649-654、2011年11月
16)       花井建太・遠藤新「米国ポートランド市におけるグリーンストリート施策
の研究」日本都市計画学会、都市計画論文集(46)、pp.655-660、2011年11月
 
A-3.研究論文(審査なし)
1)          川西崇行・水谷宏杉・西村幸夫・北沢猛・鈴木伸治・遠藤新「丸の内地区の
建築形成史とデザイン構造の考察」東京大学工学部総合試験所年報、第57巻、
1998年3月
2)          遠藤新「ケヤキ並木と建築、新旧の融合が演出するシークエンス」、建築学
会総合論文誌No.3、第二部ティピカルプラクティス、pp.38-39、2005年2月
3)          遠藤新「空間の分節と建物の配置がつくるシークエンスデザイン」、建築学
会総合論文誌No.3、第二部ティピカルプラクティス、pp.40-41、2005年2月
4)          遠藤新「修復型の都市再生」、地域開発vol.487、pp.45-49、2005年4月
5)          遠藤新「米国ダウンタウンにおける都市空間の再生手法〜その1・空間整備
プロジェクトはいかにダウンタウンを再生したか」国有財産管理調査センター、
pp.3-57、2005年4月
6)          遠藤新「米国ダウンタウンにおける都市空間の再生手法〜その2・中西部諸
都市におけるダウンタウン空間整備プロジェクトの検証」国有財産管理調査セン
ター、pp.3-42、2005年7月
7)          遠藤新「米国ダウンタウンにおける都市空間の再生手法〜その3・都市空間
を再組織化する計画と実践手法」国有財産管理調査センター、pp.2-44、2005年
10月
8)          遠藤新「既成市街地内残余地の一体的整備手法に関する研究:米国ミルウォ
ーキー市リバーウォーク整備事業の分析を通じて」2005年度(第16回)日本都市
計画学会中部支部研究発表会論文・報告集、pp13〜16
9)          遠藤新「米国ダウンタウンにおける都市空間の再生手法〜その4・街づくり
組織による個性的な地区の整備:ロウアータウン地区を事例に」国有財産管理調
査センター、pp.2-41、2006年1月
10)       遠藤新「藩政期の城下町エリアを継承し続ける金沢市」、地域開発vol.516、
pp.39-42、2007年9月
11)       遠藤新「地方中小都市における共創まちづくりの可能性」、建築学会都市
計画委員会、研究協議会、2009年8月
12)       遠藤新「米国フィラデルフィア市における未利用地マネジメント」日本建
築学会都市計画部門パネルディスカッション資料:スマートシュリンクと空間管
理ー人口減少時代のアーバンフォームとマネジメント3−、pp.71-74、2011
13)       前田英寿・遠藤新・阿部大輔「開かれたまちづくりの場:アーバンデザイ
ンセンター研究会の中間報告」、日本建築学会景観小委員会研究協議会資料集、
pp.79〜82、2011年8月
14)       遠藤新「持続可能な都市へ、地区まちづくりのステップアップ」、日本建
築学会都市計画部門研究協議会資料:地区まちづくりのステップアップ〜空間ビ
ジョンへの展開と都市全体との関連、pp.1-8、2012年9月
15)       遠藤新「釜石における市街地復興プランニングの課題」、日本建築学会都
市計画部門研究協議会資料:復興のプランニングⅠ〜「復興計画」から「まちの
再建・再生」へ〜、pp.9-16、2013年8月     
 
A-4.解説論文・雑誌投稿
1)「丸の内地区の景観・環境シミュレーション」造景No.18、建築資料研究社、
pp..130〜135、1998年12月
2)「セントポール市ロウアータウン地区の再生:ロウアータウン再開発公社の
ビジョンと戦略」造景No.32、建築資料研究社、pp..129〜135、2001年3月
3)遠藤新+太田浩史「界隈の集合体-----東京を歩く」、東京大学・国際都市再
生研究センター、SUR volume02、pp.2〜7、2005年5月
4)遠藤新「金沢の都心空間」、建築学会北陸支部ニュース「AH!」、第29号、日
本建築学会北陸支部、pp.2-3、2006年1月
5)遠藤新「米国ダウンタウン再開発の動向報告〜ミズーリ州セントルイス市〜」
国有財産管理調査センター、pp.4-39、2006年4月
6)遠藤新「書評:地域再生に金融を活かすー公民連携の鍵を握る金融の役割」、
学芸出版社ウェブサイト、おすすめの1冊、2006年6月
7)遠藤新「農村集落のコミュニティビジネス〜豆風鈴」、季刊まちづくり、No.
12、pp.78-79、2006年9月
8)遠藤新「米国ダウンタウン再開発の動向報告・その2〜ニューヨーク州バッ
ファロー市の場合〜」国有財産管理調査センター、pp.2-37、2006年7月
9)遠藤新「まちなか交流を促進する町家カフェの実験」まちづくり実践教育事
例集、日本建築学会、p.153、2006年9月 →(※教育業績)
10)遠藤新「米国ダウンタウン再開発の動向報告・その3〜オハイオ州コロンバ
ス市の場合〜」国有財産管理調査センター、pp.2-35、2006年10月
11)遠藤新「米国ダウンタウン再開発の動向報告・その4〜インディアナ州イン
ディアナポリス市の場合〜」国有財産管理調査センター、2007年1月
18)       遠藤新「「まちづくり実験」に期待する教育的効果」、KIT Progress 工学
教育研究No.14、平成20年
19)       遠藤新「『普通の歴史的建造物』保全の仕組みをつくる」、季刊まちづく
り、26号、pp..59〜62、2010年3月
20)       米野史健・遠藤新・藤井さやか「許可制度をどのように運用するか」、季
刊まちづくり、26号、pp..96〜99、2010年3月
21)       遠藤新「東京大学での実践から:岩手県旧大野村プロジェクト」季刊まち
づくり、27号、pp..98〜99、2010年7月
22)       遠藤新「「系」の再生による空間形成:縮小する地方都市再生へのアプロ
ーチ」新建築、pp.37-41、2011年12月号
23)       遠藤新「米国におけるグリーンインフラストラクチャの実態と課題―雨水を
資源と捉える管理手法の可能性―」環境と公害、Vol.42. No.4. Spring 2013, pp.
10-16
24)       遠藤新「街としての復興をいかに推進するか」東日本大震災復興まちづく
りのこれからに向けて(4)、新都市、第67巻、第5号、2013年5月
25)       遠藤新「空間を「街」に変える~釜石復興支援の活動を踏まえて~」
Planners, 74号、NPO日本都市計画家協会、2013年6月
26)       遠藤新「釜石での復興支援から思うこと」西山文庫ニュースレター、2013
年夏号、No.60
27)       Conversion×Nakameguro、住宅建築、2014年2月号、寄稿
 
A-5.著書
1)「建築設計資料集成(総合編)」、日本建築学会編、丸善、2001年5月(査読
付き)(共著)
2)「都市のデザインマネジメント 〜アメリカの都市を再編する新しい公共体」
学芸出版社、2002年10月(共著)
3)「建築設計資料集成(拡張編)」、日本建築学会編、丸善、2003年5月(査読
付き)(共著)
4)「おおの・キャンパス・ビレッジ —大野村・地域づくりの軌跡と展望—」、
おおの・むらづくり21推進会議、2005年12月(共著)
5)「101の提案カード」横浜まちづくり倶楽部(共著)
6)遠藤新「(株)金沢商業活性化センターと個性あるまちづくり」pp.172〜180,
矢作弘・瀬田史彦「中心市街地活性化・三法改正とまちづくり」、学芸出版社、
2006年9月(寄稿)
7)井口典夫・遠藤新・山下勝・太田雅文・鈴木勉・早川淳「成熟都市のクリエ
イティブなまちづくり」、(株)宣伝会議、2007年3月
8)遠藤新「まちづくりを支援する大学ベースの専門家組織<アメリカ・ミネソ
タ大学メトロポリタンデザインセンターと全米動向>」pp161〜165、「地域と大
学の共創まちづくりー連携・協働による地域再生—」、学芸出版社、2008年11月
9)遠藤新「まちづくり協定による設計案審査と街並み誘導〜輪島市馬場崎商店
街が目指す「輪風」のまちづくり」pp116〜126、「住民主体の都市計画」、学芸
出版社、2009年3月
10)遠藤新「米国の中心市街地再生 エリアを個性化するまちづくり」学芸出版
社、2009年8月(単著)
11)遠藤新「外部空間の計画」pp.178〜190、「テキスト建築計画」学芸出版社、
2010年2月(共著)
12)遠藤新「普通の市街地における景観コントロールの課題」pp.273〜282、
「都市計画・まちづくり紛争事例解説:法律学と都市工学の双方から」ぎょうせ
い、2010年8月(共著)
13)西村幸夫・野澤康・遠藤新・中島直人・野原卓・窪田亜矢・桑田仁・鳥海基
樹「まちの見方・調べ方:地域づくりのための調査法入門」朝倉書店、2010年10
月(共著)
14)日本建築学会編「いまからのキャンパスづくり:大学の将来戦略のためのキ
ャンパス計画とマネジメント」、日本建築学会、2011年11月(共著)
15)遠藤新「ファーレ立川:業務核都市立川における街とアートが一体となった
都市景観」、60のプロジェクトによむ日本の都市づくり、公益社団法人日本都市
計画学会編、朝倉書店、pp.118-119、2011年11月(共著)
16)アーバンデザインセンター研究会編著「アーバンデザインセンター:開かれ
たまちづくりの場」、理工図書、2012年9月(共著)
 
A-6.研究発表・招待講演
1)          遠藤新、田中健介、三牧浩也、西村幸夫、北沢猛「岩手県釜石市を事例とし
た地方都市中心市街地の将来ビジョンに関する研究-その3『まちづくりコード』
による将来ビジョンの提案-」、日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、pp..5〜6、
2000年9月
2)          遠藤新、北沢猛、池田晃一、宮本裕太、安藤真理、阿部大輔、田中大朗「岩
手県九戸郡大野村における活動を通した地方小都市のまちづくりに向けた将来ビ
ジョンと具体的提案に関する研究」、日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、pp..
35〜36、2001年9月
3)          遠藤新「岩手県大野村中心地区におけるまちづくりの実践 その4 まちづ
くり初動期における施設整備の進め方について」、日本建築学会学術講演梗概集
F-1分冊、pp..6〜7、2002年8月
4)          遠藤新「地元組織主導の地区再生技法に関する考察:米国ミルウォーキー市
サードワード地区の場合」建築学会学術講演梗概集F-1分冊pp.277-278、2004年9
5)          遠藤新「米国版まちづくり会社によるダウンタウン空間整備事業の促進手法
に関する研究:米国クリーブランド市ユークリッド地区の場合」建築学会学術講
演梗概集F-1分冊、pp.575-576、2005年8月
6)          遠藤新「都市と大学の新しい関係:大学による地域貢献の視点から」、青山
学院大学主催公開シンポジウム(都市文化の創造と渋谷・原宿・青山の将来像)、
2005年11月
7)          遠藤新「観光まちづくり推進協議会の作業経過について」、富山市八尾町観
光まちづくりシンポジウム、2006年2月
8)          遠藤新「金沢市の都市景観施策」第2回いわて景観行政研究会、2006年4月
9)          遠藤新「タウンマネジメント型まちづくりの展望〜空間整備の視点から」、
富山市八尾町商工会総代会基調講演、2006年5月
10)       遠藤新「ガイドラインと景観形成」第5回いわて景観行政研究会、2006年7
11)       遠藤新「実技習得を目的とする都市空間調査演習の教育効果−都市デザイン
における基礎的能力の開発を目指した教育プログラムの試行」、平成18年度工学・
工業教育研究講演会、2006年7月
12)       遠藤新「住民がかかわる美しいまちづくり」、ののいち学講座「町を知り、
町を学ぶフォーラム」、野々市町教育委員会主催、2006年11月
13)       遠藤新「米国ダウンタウンの再生手法:中西部都市の動向」、金沢大学都
市計画研究室第4回講演会、2006年6月15日
14)       遠藤新「住民参加のまちづくり」、氷見市家守塾講演会、2006年6月20日
15)       遠藤新・後藤正美・土田義郎・中森勉・宮下智裕・西村督「建築系学科に
おける専門領域導入プログラムの検証:金沢工業大学2年次講義科目『コアガイ
ド』を事例として」、平成19年度工学・工業教育研究講演会、2007年7月
16)       遠藤新「観光活用できる歴史文化資産について」観光講演会&パネルディ
スカッション、七尾市観光協会、2008.3
17)       永森裕子・遠藤新「富山市中心市街地における賑わいの実態に関する考察
~賑わい拠点整備との関係に着目して~」日本建築学会北陸支部大会、2008年7
18)       割出勇也・遠藤新「金沢まちなか定住建築制度を利用した住宅の外部空間
特性に関する研究:伝統的環境保全区域における動向に着目して」日本建築学会
北陸支部大会、2008年7月
19)       坂本美奈子・遠藤新「石川県金沢市広坂地区における都市空間のデザイン:
卒業設計作品「都市空間を結ぶ」より」日本建築学会北陸支部大会、2008年7月
20)       遠藤新「地域を再生するための『まちづくり』」、第4回白川村鳩ヶ谷地区
振興協議会、2008年9月
21)       登坂貴文・遠藤新「飛騨市における集落景観に関する研究その1」建築学
会学術講演梗概集E-2分冊pp.439-440、2009年8月
22)       永森裕子・遠藤新「飛騨市における集落景観に関する研究その2」建築学
会学術講演梗概集E-2分冊pp.441-442、2009年8月
23)       遠藤新「中目黒のまちづくりを考える」第9回中目黒をさらに良くする連絡
会講演、2010年3月
24)       遠藤新「アートとコミュニティのまちづくり」横浜文化創造都市スクール、
2010年7月
25)       遠藤新「都市の中心をデザインする:アメリカの地方都市中心部に学ぶビ
ジョンと戦略」、静岡市まちづくり支援センター、2011年5月
26)       遠藤新「中目黒のまちづくり」、東京目黒ロータリークラブ卓話、2011年5
月26日
27)       遠藤新「アートとコミュニティのまちづくり」、ハイライフ研究所,2011
年6月
28)       遠藤新「都市の中心をデザインする:アメリカの地方都市中心部に学ぶビ
ジョンと戦略」、人のあつまる街づくり市民会議、2011年6月
29)       橋本奈保子・遠藤新「景観重要建造物の指定制度に関する基礎的研究 東
京23区を中心に」日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、pp.91-92、2011年8月
30)       小林由理・遠藤新「文化財登録制度を活かしたまちづくりに関する基礎的
研究 茨城県桜川市真壁地区を題材に」日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、
pp.101-102、2011年8月
31)       馬立理英香・遠藤新「専門店街における集積特性に関する一考察」日本建
築学会学術講演梗概集F-1分冊、pp.131-132、2011年8月
32)       山田善紀・遠藤新「再生建築を用いた魅力向上に関する研究 目黒区中目
黒駅周辺を対象として」日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、pp.161-162、
2011年8月
33)       花井建太・遠藤新「米国のグリーンインフラストラクチャ政策に関する基
礎的研究」日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、pp.277-278、2011年8月
34)       松山絵美・遠藤新「住宅として利用されている国登録有形文化財保存に関
する基礎的研究 ―東京都文京区村川邸保存のための提案―」日本建築学会学術講
演梗概集F-1分冊、pp.303-304、2011年8月
35)       木村真弓・遠藤新「中目黒におけるオープンスペースの利用提案に関する
研究」日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、pp.465-466、2011年8月
36)       尋木良平・遠藤新「町工場の残る都心既成市街地の土地利用実態に関する
研究 目黒川沿い準工業地域を対象に」日本建築学会学術講演梗概集F-1分冊、
pp.653-654、2011年8月
37)       遠藤新「岩手県釜石市復興計画づくりの支援」東日本大震災復興支援シリ
ーズ第2弾、工学院大学学園創立125周年記念事業・記念講演会、2011年9月
38)       遠藤新「仮設のまちを明るく」第4回毎日新聞・震災フォーラム、基調講演、
2011年9月収録(毎日新聞2011年10月7日掲載)
39)       遠藤新「米国の中心市街地再生における空間計画の貢献 – エリアを個性化
するまちづくりに着目して--」、(社)日本建築学会東海支部シンポジウム基調
講演、2011年11月13日
40)       遠藤新「岩手県釜石市の復興まちづくり事業と次の展開」URまちづくり支
援専門家 意見交換会 東日本大震災の復興まちづくりについて、都市再生機構、
2012年5月7日
41)       遠藤新「釜石の復興にむけて〜東日本大震災からの復興、あるいは縮退す
る地方都市の…〜」北上復興サロン,都市計画学会、2012年6月10日
42)       遠藤新「エリアを個性化するまちづくり:成熟都市の景観戦略」都市づく
りパブリックデザインセンター、2012年6月27日
43)       遠藤新「大津波被害からの復興〜岩手県釜石市の今〜」第62回算数・数学
教育研究全国大会基調講演、数学教育実践研究会、2012年8月4日
44)       遠藤新「持続可能な都市へ、地区まちづくりのステップアップ」、日本建
築学会都市計画委員会研究協議会、主題解説、2012年9月13日
45)       遠藤新「釜石における市街地復興プランニングの課題」、日本建築学会都
市計画部門研究協議会資料:復興のプランニングⅠ〜「復興計画」から「まちの
再建・再生」へ〜、主題解説、2013年8月31日
 
A-7.調査研究報告書
1)「須坂市街並み環境整備事業計画報告書」、長野県須坂市、1996年3月
2)「古川町市街地住環境整備計画報告書」、岐阜県古川町、1997年3月
3)「東京美観地区ガイドプラン検討報告書」、東京都千代田区、1998年3月
4)「久慈市まちづくり推進事業計画報告書」、岩手県久慈市、1998年3月
5)「関内まちづくり100の提案カード」、ヨコハマ都市デザインフォーラム実行
委員会、1998年11月(共著)
6)「釜石地域活性化に向けての提言〜市民が主役のまちづくり〜」、岩手県釜
石市、1999年3月
7)「アイランドシティまちづくり検討プロジェクト報告書」、福岡県福岡市、
2000年3月
8)「二戸地区地域づくり住民会議報告書」、岩手県、2000年3月
9)「釜石まちづくりビジョン2000」、岩手県釜石市、2000年3月
10)「小田原ほっとファイブタウン・まちづくり提案集」、小田原市TMO、
2001年3月
11)「飛騨古川中心市街地再生計画〜古川町街づくり総合支援事業計画」、岐阜
県古川町、2002年1月
12)「大里本町地区ふるさとの顔づくり土地区画整理事業調査報告書」、福岡県
北九州市、2002年3月
13)「岩手県大野村魅力ある中心市街地形成事業報告書」、岩手県大野村、2002
年3月
14)「元町第三期街づくり基本計画報告書」、横浜市元町、2002年5月
15)「新山下地区再開発構想:ベイサイド・ビレッジ」、2002年5月
16)「大野村夢市コーディネイト業務実施状況報告書」、岩手県大野村、2002年
8月
17)「60のまちづくり提案カード」、渋谷区外苑エリア「くりん2002」組織・実
行委員会、2002年9月
18)「向田地域づくりの提案」、岩手県大野村、2002年12月
19)「平成16年度平瀬地区街なみ環境整備事業計画策定等検討業務報告書」、岐
阜県白川村、2005年3月
20)「八尾町地域文化創造都市再生整備計画の推進に係る福島地区調査・研究委
託業務報告書」、八尾町商工会、2005年3月
21)「中心市街地商業活性化基金助成対象事業コンセンサス形成事業報告書」、
八尾町商工会、2005年3月
22)「北大町埋立地パース作成委託業務報告書」、氷見市、2007年1月
23)「北大町埋立地構想イメージ策定委託業務報告書」、氷見市、2007年1月
24)「八尾町中心市街地空き家・空き店舗・空き地調査報告書」、八尾町商工会、
2007年2月
25)「まちなか魅力創出のための調査業務報告書」、八尾町商工会、2007年2月
26)「大学との連携協働による「元気なまち」再生調査業務報告書」、(株)金
沢商業活性化センター、2007年2月
27)「まちづくり事業推進に係るアドバイザー業務報告書」、八尾町商工会、
2007年2月
28)「アートフルなスイーツ展(地域振興活性化事業)報告書」、八尾町商工会、
2007年2月
29)「八尾まちなか魅力づくり実験(富山県がんばる商店街支援事業)報告書」、
八尾町商工会、2008年3月
31)「和倉温泉まちなか再生グランドビジョン報告書」、石川県七尾市、2008年
3月
32)「まちづくり事業推進に係るアドバイザー業務報告書」、八尾町商工会、
2009年3月
33)「赤れんがパーク・デザイン計画策定業務報告書」、京都府舞鶴市、2009年
3月
34)「平瀬地区街並み環境整備事業計画策定・内容検討及び提案業務報告書」、
岐阜県白川村、2009年3月
35)「飛騨市農村集落景観調査報告書」、(社)飛騨市観光協会、2009年3月
36)「舞鶴報告書」、佐々木設計事務所+遠藤新、京都府舞鶴市、2009年12月
37)「まちづくり事業推進に係るアドバイザー業務報告書」、八尾山田商工会、
2010年2月
38)(中目黒報告書、目黒区住宅・まちづくり推進公社、2010年3月
39)「まちづくり事業推進に係るアドバイザー業務報告書」、八尾山田商工会、
2011年3月
40)文化遺産を活かした釜石再生プラン事業、釜石市教育委員会、2011年
41)「これからの都市生活を考えていくための新世代コミュニティの研究」、公
益(財)ハイライフ研究所、2012年3月
42)「岩手県釜石市」日本建築学会東北支部2011年東日本大震災災害調査報告、
一般社団法人建築学会東北支部、2013年5月(10.5節pp.245-248)

2014年6月11日時点

活 動 履 歴
研究員・委員・報告・受賞・その他
C-1. 学外研究員
1)文部科学省在外研究員、2003年3月〜10月 マカレスター大学地理学部客員研
究員(米国ミネソタ州セントポール市)として米国中西部のダウンタウン再生手
法を研究。2)青山学院大学客員研究員、2003年4月〜2006年3月
 「サイエンス・ショップとしての大学の可能性に関する研究」(2003年度前半
は米国事例の調査研究)
 
C-2. 専門委員
1)          おおの・むらづくり推進アドバイザー、2002年〜2003年
2)          飛騨古川中心市街地まちづくり作業部会 副座長、2001年
3)          白川村中切地区まちづくり協議会まちづくりアドバイザー、岐阜県白川村、
2005年〜
4)          八尾町中心市街地活性化まちづくり推進協議会アドバイザー、富山県富山市
八尾町、2005年〜
5)          八尾地区中心市街地まちづくり計画推進協議会委員、富山市、2006年〜
6)          富山市景観まちづくりアドバイザー、2006年
7)          富山市景観形成基本計画策定委員会委員、富山市、2006年
8)          南砺市都市計画マスタープラン策定委員会委員、南砺市、2007年〜
9)          金沢市都市景観審議会、計画部会、専門委員、2007年〜
10)       八尾地区まち並み修景等審査会委員、2007年〜
11)       七尾市和倉温泉地区地域再生マネージャー、2007年10月〜
12)       輪島市住まい・まちづくり復興計画策定アドバイザー、2007年10月〜富山
県景観アドバイザー、2008年2月〜
13)       富山県「水辺のまち夢プラン」射水市協議会、アドバイザー、2007年〜
14)       和倉温泉まちづくり協議会計画委員会座長、2008年4月〜
15)       和倉温泉まちづくりアドバイザー、2008年4月〜
16)       札幌市都心まちづくり戦略会議委員、2008年6月〜
17)       赤れんがアートスクール活用・デザイン検討委員会委員、2008年8月〜、舞
鶴市
18)       富山県「水辺のまち夢プラン(松川・富岩運河周辺地域)」協議会、アド
バイザー、2008年7月〜
19)       舞鶴市東港周辺地区まちづくりアドバイザー、2008年8月11日〜、舞鶴市
20)       伊勢原市地域まちづくり推進条例検討会議委員(副委員長)、2009年11月
〜、伊勢原市
21)       海老名市まちづくり交付金評価委員会 委員長、2009年12月〜、海老名市
22)       海老名市都市マスタープラン策定委員会委員(副委員長)、2010年1月〜、
海老名市
23)       海老名市景観審議会委員、2010年1月〜、海老名市
24)       都市再生アドバイザー、2010年、独立行政法人都市再生機構(長野県上田
市H22.3)
25)       千代田区景観アドバイザー、2010年4月〜、東京都千代田区
26)       目黒まちづくり委員会座長、2010年6月〜、東京商工会議所目黒支部
27)       URまちづくり支援専門家、2010年7月〜継続、独立行政法人都市再生機構
28)       創造都市横浜推進委員会委員、2001年、横浜市
29)       芸術不動産リノベーション助成審査員、2010年、横浜市
30)       創造都市横浜推進委員会、事業評価委員、2010年、横浜市
31)       伊勢原市景観計画策定委員会委員、2011年4月〜、伊勢原市
32)       創成川以東地区まちづくり会議委員、2011年6月〜2012年3月、札幌市
33)       国交省津波被災市街地の復興手法に関する直轄調査に関する作業監理委員、
2011年6月〜、国土交通省
34)       釜石市復興プロジェクト会議議長、2011年6月〜、釜石市
35)       創造都市横浜推進委員会委員、2011年9月〜、横浜市
36)       創造都市横浜推進懇談会委員、2011年9月〜、横浜市
37)       象の鼻パーク文化観光交流拠点活用業務委託プロポーザル評価委員、2011
年10月〜2012年1月、横浜市
38)       平瀬地区都市再生整備計画事後評価委員会委員、2011年12月、岐阜県白川
39)       文化遺産を活かした釜石再生事業実行委員会委員(委員長)、2011年12月
〜2012年3月、岩手県釜石市
40)       七間町映画館跡地周辺地区のまちづくりに関する研究会、委員、2011年10
月〜、静岡市
41)       新宿区自転車等駐輪対策協議会、委員、2012年7月〜(2014年6月)、東京
都新宿区
42)       伊勢原市都市マスタープラン検討部会委員、2012年9月〜(2カ年)、伊勢
原市
43)       釜石市災害復興公営住宅(東部地区天神町)建設工事に係る設計業務委託
業者選考に関するプロポーザル審査委員会委員、2012年9月、釜石市
44)       函館市中心市街地トータルデザイン、プロポーザル審査委員、同検討委員、
2012年11月〜
45)       釜石市災害復興公営住宅(小白浜地区その1)建設工事に係る設計業務委
託業者選考に関するプロポーザル審査委員会委員、2012年11月、釜石市
46)       渋谷区景観アドバイザー、2013年1月〜
47)       渋谷区景観審査会委員、2013年1月〜
48)       釜石市復興ビジョン会議委員、2013年1月、釜石市
49)       新宿区自転車等駐輪場設置及び管理運営事業者選定審査会委員、2013年2月
〜3月、2014年3月、新宿区
50)       釜石市唐丹地区及び鵜住居地区学校等建設工事に係る設計業務委託業者選
考に関するプロポーザル審査委員会委員、2013年4月、釜石市
51)       静岡市景観アドバイザー、2013年4月〜、静岡市
52)       東上野4・5丁目地区まちづくり検討委員会、委員長、2013年5月(〜2014年
3月)、台東区
53)       釜石市復興整備事業設計施工等業務に係るプロポーザル審査委員会、委員、
2013年7月
54)       小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業実行委員会、委員、2013
年8月、富山市八尾山田商工会
55)       一般(社)東京建築士会防災委員会委員、2013年7月〜2014年9月
56)       平成 25 年度第一回釜石市建物提案型復興公営住宅買取事業(市営大町駐車
場跡地) に係る審査委員会委員、2013年9月〜、岩手県釜石市
57)       釜石市民ホール(仮称)及び釜石交流センター(仮称)建設工事に係る設
計業務委託業者選考に関するプロポーザル審査委員会委員、2013年11月〜2014年
2月、岩手県釜石市
58)       釜石グリーンベルト検討委員会、委員、2013年
59)       魚河岸地区周辺にぎわい創出推進委員会、委員長、2013年11月〜2015年3月、
岩手県釜石市
60)       根浜地区跡地利用基本計画策定委員会委員、2014年2月3日〜、岩手県釜石
61)       伊勢原市都市計画審議会、委員、2014年5月〜、神奈川県伊勢原市
 
 
C-3. 学術委員
1)          建築設計資料集成委員会都市・地域部会 幹事(日本建築学会)、1999年〜
2)          日本建築学会総合論文誌委員会委員、同第3号プロジェクト編集委員会委員、
2004年1月〜2005年2月
3)          日本建築学会都市計画委員会 都市計画・デザイン教育小委員会 委員、
2005年4月〜
4)          日本建築学会北陸支部広報部会員、2005年6月〜2007年5月
5)          日本建築学会北陸支部研究委員、2007年6月〜2009年5月
6)          日本建築学会北陸支部若手優秀プレゼンテーション賞評価委員、2007年7月
15日
7)          日本都市計画学会学術委員、2008年4月〜
8)          日本建築学会都市計画本委員会委員、2008年5月〜
9)          日本建築学会論文集委員会委員、2009年6月〜(2011年5月)
10)       日本建築学会調査研究委員会 キャンパス・地域連携小委員会 委員 
2009年7月1日〜(2011年3月31日)
11)       日本都市計画学会総務・企画委員会委員、2010年6月(〜2012年6月)
12)       日本建築学会、卒業論文等顕彰委員会委員}2013年4月〜
13)       都市計画本委員会都市企画戦略小委員会空地WG主査、2013年4月〜
14)      
 
C-4. 国際会議
1) 第二回ヨコハマ都市デザインフォーラムアジア太平洋21世紀都市会議
  関内・みなとみらい21・横浜駅周辺地区地域会議、スピーカー、1998年11月
2)オランダ・釜石スマートシティー総括ラウンドテーブル、東北大学・オラン
ダ大使館共催、2013年1月29日
 
C-5. 国内報告
1)          釜石市大町まちづくり研究会 第一回研究会 講師、2000年3月
2)          釜石市都市計画マスタープラン策定 第一回ワークショップ 講師、2000年
3月
3)          釜石市都市計画マスタープラン地区別懇談会発表会 講師、2001年7月
4)          日本橋活性化フォーラム 第二回 講師、2002年7月
5)          富山県八尾町・第二回福島地区まちづくりフォーラム パネリスト、2005年
2月
6)          ののいち学講座「町を知り、町を学ぶフォーラム」パネラー、2006年11月
7)          加賀市景観資源調査意見交換会、講師、2007年1月
8)          富山市八尾町観光まちづくりフォーラム、研究報告、2006年1月
9)          遠藤新「金沢市の都市景観施策」第2回いわて景観行政研究会、2006年4月
10)       遠藤新「タウンマネジメント型まちづくりの展望〜空間整備の視点から」、
富山市八尾町商工会総代会基調講演、2006年5月
11)       遠藤新「ガイドラインと景観形成」第5回いわて景観行政研究会、2006年7
12)       「ワークショップ・イン・八尾&ミニセミナー」富山市都市整備部都市計
画課都市景観係、ミニセミナー講師、2006年10月
13)       第32回全国町並みゼミ「佐原・成田大会」、第8分科会「景観をまちづくり
に生かす」コーディネイター、2009年11月
14)       第4回・毎日新聞震災フォーラム、講演、毎日新聞、2011年10月7日掲載
15)       遠藤新「講演会:歴史的環境を活かした街づくりの展開に向けて」(株)
まちづくり会津、2012年3月21日
16)       遠藤新「景観計画の実践と課題」、静岡市技術総合研修、2013年11月7日
 
C-6. 受賞
1)          北沢猛、遠藤新、他9名、1999年度日本建築学会主催設計競技「住み続けら
れるまちの再生」優秀賞、2000年3月
2)          北沢猛、遠藤新、他5名、「台北総統府広場国際設計競技」入選、2001年7月
3)          「大野村・夢あかりプロジェクト」JCDデザイン賞(日本商環境設計家協
会主催)優秀賞、2002年角舘政英光環境計画・日本大学関口研究室・東京大学都
市工学科都市デザイン研究室(年鑑日本の空間デザイン2003掲載)
4)          平成16年度日本都市計画学会論文奨励賞(地区を顕在化する都市再生手法の
研究〜米国中西部ダウンタウン・フリンジの再生戦略を中心に)2005年5月
5)          北沢猛、遠藤新、櫻井淳、出原秀仁、三井登、他6名、「横浜元町ショッピ
ングストリート」2005年度GOOD DESIGN AWARD受賞、建築・環境デザイン部門/
環境デザイン、2005年10月
6)          工学院大学大学院建築学専攻遠藤新研究室(遠藤新・今泉成裕・折笠朋美・
原裕一朗・尋木良平・折笠 裕介)、「Core and Field City〜郊外×新しいアク
ティビティ〜」、第1回郡山アーバンデザインセンター・コンペティション『郊
外の可能性』、入賞、2010年1月
7)         
 
C-7. 資格
1)初級教育士(工学・技術)、2007年1月
2)社会貢献活動支援士(登録番号2011-0-0032)
 
C-8.学生指導実績(コンペなど受賞)
1)          工学院大学大学院建築学専攻遠藤新研究室(遠藤新・今泉成裕・折笠朋美・
原裕一朗・尋木良平・折笠 裕介)、「Core and Field City〜郊外×新しいアク
ティビティ〜」、第1回郡山アーバンデザインセンター・コンペティション『郊
外の可能性』、入賞、2010年1月
2)          加藤正紘・花井建太「レシピ・ドゥ・アバシリ コンペツアー(R.A.C.T)」
、全国大学生旅プランコンペin網走、審査委員長特別賞、2010年9月
3)          加藤正紘・花井建太・小林由理・橋本奈保子・望月淳史「萬代知新」、第14
回競技(新潟)、奨励賞、都市づくりパブリックデザインセンター、2012年2月
4)         
 
 
F. まちづくり・計画策定・アドバイザー等の支援経験
λ              北海道:札幌市、函館市
λ              岩手県:岩泉町、大野村(現・洋野町)、釜石市、久慈市、二戸市
λ              福島県:会津若松
λ              東京都:目黒区(中目黒)、千代田区、新宿区、渋谷区、台東区
λ              神奈川県:横浜市、伊勢原市、海老名市
λ              静岡県:静岡市
λ              長野県:須坂市、上田市(霊泉寺温泉)
λ              愛知県:大府市(商工会議所)
λ              岐阜県:白川村(平瀬集落、鳩ヶ谷集落)、古川町、飛騨市
λ              富山県:富山市、氷見市、八尾町(現・富山市)、富山県(景観関連)
λ              石川県:加賀市、金沢市、七尾市
λ              京都府:舞鶴市
λ              福岡県:北九州市

2014年6月11日時点