本文へスキップ

 工学院大学 先進工学部 生命化学科



お問い合わせ
は matz□cc.kogakuin.ac.jp(□は@)

〒192-0015 東京都八王子市中野町2665-1








研究業績

[原著論文]   

  1. Ohno, O.; Terasaki, T.; Sano, T.; Hitomi, Y.; Miyamoto, J.; Matsuno, K.
    Inhibitory effects of biseokeaniamide A against lipopolysaccharide-induced signal transduction
    Bioorg. Med. Chem. Lett., 2020, 30, Article 127069.

  2. Naganuma, M.; Yokoo, H.; Misawa, T.; Matsuno, K.; Tsuji, G.; Demizu, Y.
    Design and synthesis of 4-(2-pyrrolyl)-4-phenylheptane derivatives as estrogen receptor antagonists.
    Heterocycles 2020, 101, 429-434.

  3. Sawada, J-i.; Ishii, H.; Matsuno, K.; Sato, M.; Suzuki, Y.; Asai, A.
    Selective inhibition of spindle microtubules by a tubulin-binding quinazoline derivative.
    Mol. Pharmacol., 2019, 96, 609-618.

  4. Sumimoto, S.; Kobayashi, M.; Sato, R.; Shinomiya, S.; Iwasaki, A.; Suda, S.; Teruya, T.;
    Inuzuka, T.; Ohno, O.; Suenaga, K.
    Minnamide A, a linear lipopeptide from the marine cyanobacterium Okeania hirsute.
    Org. Lett.,
    2019, 21, 1187-1901.

  5. Iwasaki, K.; Iwasaki, A.; Sumimoto, S.; Sano, T.; Hitomi, Y.; Ohno, O.; Suenaga, K.
    Croissamide, a proline-rich cyclic peptide with an N-prenylated tryptophan from a marine cyanobacterium Symploca sp.
    Tetrahedron Lett., 2018, 59, 3806-3809.
     
  6. Takamura, H.; Kikuchi, T.; Iwamoto, K.; Nakao, E.; Harada, N.; Otsu, T.; Endo, N.; Fukuda, Y.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Guo, Y.W.; Kadota, I.
    Unified total synthesis, stereostructural elucidation, and biological evaluation of sarcophytonolides.
    J. Org. Chem., 2018, 83, 11028-11056.
     
  7. Suzuki, M.; Tominaga, T.; Ohno, O.; Iwasaki, A.; Suenaga, K.; Kato-Noguchi, H.
    Plant growth inhibitory activity and active substances with allelopathic potential of cogongrass (Imperata cylindrica) rhizome.
    Weed Biology and Management, 2018, 18, 92-98.
     
  8. Fukuda, M.; Sasaki, T.; Hashimoto, T.; Miyachi, H.; Waki, M.; Asai, A.; Takikawa, O.; Ohno, O.; Matsuno, K.
    Cyclic analogue of S-benzylisothiourea that suppresses kynurenine production without inhibiting indoleamine 2,3-dioxygenase activity.
    Bioorg. Med. Chem. Lett., 2018, 28, 2846–2849.
     
  9. Nishida, Y.; Takeda, N.; Matsuno, K.; Miyata, O.; Ueda, M.
    Acylative coupling of amine and indole using chloroform as a carbonyl group.
    Eur. J. Org. Chem., 2018, 29, 3928-3935.
     
  10. Niwa, H.; Sato, S.; Hashimoto, T.; Matsuno, K.; Umehara, T.
    Crystal structure of LSD1 in complex with 4-[5-(piperidin-4-ylmethoxy)-2-(p-tolyl)pyridin-3-yl]benzonitrile.
    Molecules,
    2018, 23, 1538-1546.
     
  11. Kobayashi, H.; Misawa, T.; Oba, M.; Hirata, N.; Kanda, Y.; Tanaka, M.; Matsuno, K.;  Demizu, Y.
    Structural development of cell-penetrating peptides containing cationic proline derivatives.
    Chem. Pharm. Bull.,
    2018, 66, 575-580.

  12. Suwitchayanon, P.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Kato-Noguchi, H.
    N-Octanoyl tyramine, a phytotoxic compound in the roots of Cymbopogon nardus.
    Acta Physiol. Plant.,
    2017, 39, Article 123.
     
  13. Kato-Noguchi, H.; Kimura, F.; Ohno, O.; Suenaga, K.
    Involvement of allelopathy in inhibition of understory growth in red pine forests.
    J. Plant Physiol.,
    2017, 218, 66-73.
     
  14. Cui, J.; Morita, M.; Ohno, O.; Kimura, T.; Teruya, T.; Watanabe, T.; Suenaga, K.; Shibasaki, M.
    Leptolyngbyolides, cytotoxic macrolides from the marine cyanobacterium Leptolyngbya sp.: isolation, biological activity, and catalytic asymmetric total synthesis.
    Chemistry,
    2017, 23, 8500–8509.
        
  15. Suzuki, Y.; Sawada, J-i.; Hibner, P.; Ishii, H.; Matsuno, K.; Sato, M.; Witulski, B.; Asai, A.
    Fluorescent anticancer quinazolines as molecular probes for β-tubulin colchicine site competition assay and visualization of microtubules as intracellular targeting sites.
    Dyes Pigm.,
    2017, 145, 233-238.
     
  16. Kato-Noguchi, H.; Nakamura, K.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Okada, N.
    Asparagus decline: autotoxicity and autotoxic compounds in asuparagus rhizomes.
    J. Plant Physiol.,
    2017, 213, 23-29.
     
  17. Huang, Y.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Miyamoto, K.
    Apoptosis-inducing activity and antiproliferative effect of paeoniflorigenone from moutan cortex.
    Biosci. Biotechnol. Biochem.,
    2017, 1-8.
     
  18. Iwamoto, K.; Uehara, Y.; Inoue, Y.; Taguchi, K.; Muraoka, D.; Ogo, N.; Matsuno, K.; Asai, A.
    Inhibition of STAT3 by anticancer drug bendamustine.
    PLoS ONE,
    2017, 12, e0170709.
     
  19. Sumimoto, S.; Iwasaki, A.; Ohno, O.; Sueyoshi, K.; Teruya, T.; Suenaga.; K.
    Kanamienamide, an enamide with an enol ether from the marin cyanobacterium moorea bouillonii.
    Org. Lett.,
    2016, 18, 4884-4887.
     
  20. Sinomiya, S.; Iwasaki, A.; Ohno, O.; Suenaga, K.
    Total synthesis and stereochemical determination of Yoshinone A.
    Phytochemistry,
    2016, 132, 109-114.
     
  21. Ogawa, H.; Iwasaki, A.; Sumimoto, S.; Kanamori, Y.; Ohno, O.; Iwatsuki, M.; Ishiyama, A.; Hokari, R.; Otoguro, K.; O̅mura, S.; Suenaga, K.
    Janadolide, a cyclic polyketide–peptide hybrid possessing a Tert-butyl group from an Okeania sp. marine cyanobacterium.
    J. Nat. Prod.,
    2016, 79, 1862–1866.

  22. Kato-Noguchi, H.; Suzuki, M.; Noguchi, K.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Laosinwattana, C.
    A potent phytotoxic substance in aglaia odorata lour.
    Chem. Biodivers.,
    2016, 13, 549-5541.

  23. Kawase, O.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Xuan, X.
    Immunological adjuvant activity of Pectinioside A, the steroidal saponin from the starfish patiria pectinifera.
    Nat. Prod. Commun.,
    2016, 11, 605-606.

  24. Koyama, T.; Kawazoe, Y.; Iwasaki, A.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Uemura, D.
    Anti-obesity activities of the Yoshinone A and the related marine γ-pyrone compounds.
    J. Antibiot.
    2016, 69, 348-351.

  25. Okamoto, S.; Iwasaki, A.; Ohno, O.; Suenaga, K.
    Isolation and structure of Kurahyne B and total synthesis of the kurahynes.
    J. Nat. Prod.,
    2015, 78, 2719-2725.

  26. Iwasaki, A.; Ohno, O.; Katsuyama, S.; Morita, M.; Sasazawa, Y.; Dan, S.; Simizu, S.; Yamori, T.; Suenaga, K.
    Identification of a molecular target of kurahyne, an apoptosis-inducing lipopeptide from marine cyanobacterial assemblages.
    Bioorg. Med. Chem. Lett.,
    2015, 25, 5295-5298.

  27. Hayakawa, I.; Nakamura, T.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Kigoshi, H.
    Synthesis and structure-activity relationships for cytotoxicity and apoptosis-inducing activity of (+)-Halichonine B.
    Org. Biomol. Chem.,
    2015, 13, 9969-9976.

  28. Watanabe, A.; Ohno, O.; Morita, M.; Inuzuka, T.; Suenaga, K.
    Structures and biological activities of novel biselyngbyaside analogs isolated from the marine cyanobacterium Lyngbya sp.
    Bull. Chem. Soc. Jpn.,
    2015, 88, 1256-1264.

  29. Ogo, N.; Ishikawa, Y.; Sawada, J-i.; Matsuno, K.;Hashimoto, A.; Asai, A.
    Structure-guided design of novel l-cysteine derivativesas potent KSP inhibitors.
    ACS Med. Chem. Lett.,
    2015, 6, 1004-1009.

  30. Yokoyama, H.; Sawada, J-i.; Katoh, S.; Matsuno, K.; Ogo, N.; Ishikawa, Y.; Hashimoto, H.; Fujii, S.; Asai, A.
    Structural basis of new allosteric inhibition in kinesin spindle protein Eg5.
    ACS Chem. Biol.,
    2015, 10, 1128-1136.

  31. Ohashi, M.; Gamo, K.; Tanaka, Y.; Waki, M.; Beniyama, Y.; Matsuno, K.; Wada, J.; Tenta, M.; Eguchi, J.; Makishima, M.; Matsuura, N.; Oyama, T.; Miyachi, H.
    Structural design and synthesis of arylalkynyl amide-type peroxisome proliferator-activated receptor γ (PPARγ)-selective antagonists based on the helix12-folding inhibition hypothesis.
    Eur. J. Med. Chem.,
    2015, 90, 53-67.

  32. Yuki, K.; Ikeda, M.; Yoshida, S.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Yamada, K.; Uemura, D.; Miyamoto, K.
    Isolation of Monovalerianester A, an inhibitor of fat accumulation, from valeriana fauriei,
    Nat. Prod. Commun.,
    2015, 10, 1333-1334.

  33. Suwitchayanon, P.; Pukclai, P.; Ohno, O.; Suenaga, K.; Kato-Noguchi, H.
    Isolation and identification of an allelopathic substance from hibiscus sabdariffa.
    Nat. Prod. Commun.,
    2015, 10, 765-766.

  34. Morita, M.; Ogawa, H.; Ohno, O.; Yamori, T.; Suenaga, K.; Toyoshima, C.
    Biselyngbyasides, cytotoxic marine macrolides, are novel and potent inhibitors of the Ca2+ pumps with a unique mode of binding.
    FEBS Lett.,
    2015, 589, 1406–1411.

  35. Iwasaki, A.; Ohno, O. ; Sumimoto, S.; Matsubara, T.; Shimada, S.; Sato, T.; Suenaga, K.
    Mebamamides A and B, cyclic lipopeptides isolated from the green alga derbesia marina.
    J. Nat. Prod.,
    2015, 78, 901-908.

  36. Iwasaki, A.; Ohno, O.; Sumimoto, S.; Ogawa, H.; Nguyen, K. A.; Suenaga, K.
    Jahanyne, an apoptosis-inducing lipopeptide from the marine cyanobacterium Lyngbya sp.
    Org. Lett.,
    2015, 17, 652–655.

  37. Kato-Noguchi, H.; Saito, Y.; Ohno, O.; Suenaga, K.
    A phytotoxic active substance in the decomposing litter of the fern gleichenia japonica
    J. Plant Physiol.,
    2015, 176, 55-60.

  38. Kuroiwa, K.; Ishii, H.; Matsuno, K.; Asai, A.; Suzuki, Y.
    Synthesis and structure-activity relationship study of 1-phenyl-1-(quinazolin-4-yl)ethanols as anticancer agents.
    ACS Med. Chem. Lett.,
    2015, 6, 287-291.



[特許]

 
  1. 益谷美都子、佐久間浩彰、佐々木由香、小泉史明、佐々木貴之、下山達、井上謙吾、松野研司、大川原正、 イスラム ラフィクル、高村岳樹、入江徹美、石川吉伸
    『新規抗がん薬』 
    WO2017073065(2017年5月4日公開)


[学会発表]

     
  1. 大野修、佐々木智未、人見悠毅、中風奈々恵、浅井章良、滝川修、松野研司
    海洋シアノバクテリア由来新規キヌレニン産生阻害剤の構造解析および生物活性
    62回天然有機化合物討論会(オンライン)2020年9月23日

  2. 人見悠毅、佐々木智未、中風奈々恵、浅井章良、滝川修、大野修、松野研司
    海洋シアノバクテリア由来新規キヌレニン産生阻害剤の構造解析および生物活性
    日本化学会第
    100春季年会(野田)2020年3月23日

  3. 佐野拓哉、人見悠毅、宮本順一郎、松野研司、大野修
    海洋生物由来lipopolysaccharide機能阻害剤の探索研究
    日本化学会第
    100春季年会(野田)2020年3月23日

  4. 永沼美弥子、三澤隆史、辻厳一郎、横尾英知、松野研司、出水庸介
    芳香族/複素環骨格を有するエストロゲン受容体調整薬の創製 
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)3P-19、2019年11月27-29日

  5. 人見悠毅、佐々木智未、中風奈々恵、浅井章良、滝川修、大野修、松野研司
    海洋シアノバクテリア由来新規キヌレニン産生阻害剤の構造解析および生物活性 
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)2P-57、2019年11月27-29日

  6. 佐野拓哉、人見悠毅、寺崎拓郎、岩崎有紘、末永聖武、松野研司、大野修
    海洋生物由来新規
    lipopolysaccharide機能阻害剤の探索 
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)2P-56、2019年11月27-29日

  7. 長屋裕貴、山田亮一、向畑壱成、松野研司、大野修
    海洋生物からの栄養飢餓選択的な細胞死誘導物質の探索 
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)2P-55、2019年11月27-29日

  8. 福田美和、佐々木智未、中山寛太、橋本知子、宮地弘幸、脇稔、浅井章良、滝川修、大野修、松野研司
    IDO阻害剤の合成研究:イソチオウレア構造の変換によるキヌレニン産生阻害剤の発見と作用機序解明 
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)2P-27、2019年11月27-29日

  9. 武田翔太、鈴木健二、水本友紀子、浅井章良、滝川修、齋藤隆夫、大野修、松野研司
    キヌレニン産生抑制剤の探索
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)2P-14、2019年11月27-29日

  10. 田房崚、深澤隼介、橋本知子、山崎麻衣、橋本隼、大野修、丹羽英明、
    佐藤心、梅原崇史、松野研司
    LSD1/ LSD2阻害剤の合成研究 
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)1P-36、2019年11月27-29日

  11. 小出拓人、渡邊智博、永沼美弥子、橋本知子、赤木壮太、古田和幸、
    田中智之、大野修、松野研司
    種差を解消した
    GPR35アゴニストの合成 
    37回メディシナルケミストリーシンポジウム(八王子)1P-35、2019年11月27-29日

  12. 佐野拓哉、人見悠毅、寺崎拓郎、松野研司、大野修
    海洋生物由来新規
    lipopolysaccharide機能阻害剤の探索 
    63回日本薬学会関東支部大会(東京)P-021、2019年9月14日

  13. 宮本順一郎、佐野拓哉、松野研司、大野修
    沖縄県産ウミキノコからの
    lipopolysaccharide機能阻害物質の単離 
    63回日本薬学会関東支部大会(東京)P-020、2019年9月14日

  14. 人見悠毅、佐々木智未、中風奈々恵、浅井章良、滝川修、大野修、松野研司
    シアノバクテリア由来新規キヌレニン産生阻害剤の構造解析 
    63回日本薬学会関東支部大会(東京)P-019、2019年9月14日

  15. 永沼美弥子、横尾英知、三澤隆史、松野研司、辻厳一郎、出水庸介
    芳香族複素環を有するエストロゲン受容体アンタゴニストの構造活性相関研究 
    63回日本薬学会関東支部大会(東京)P-018、2019年9月14日

  16. 武田翔太、鈴木健二、水本友紀子、浅井章良、滝川修、齋藤隆夫、大野修、松野研司
    キヌレニン産生抑制剤の探索
    63回日本薬学会関東支部大会(東京)A-06、2019年9月14日

  17. 小出拓人、渡邊智博、永沼美弥子、橋本知子、赤木壮太、古田和幸、山本雄大、
    長島颯太、常盤広明、田中智之、大野修、松野研司
    種差のない強活性
    GPR35アゴニストの合成研究 
    63回日本薬学会関東支部大会(東京)A-05、2019年9月14日

  18. Koide, T.; Watanabe, T.; Naganuma, M. Hashimoto, T.; Akaki, S.; Furuta, K.; Yamamoto, Y.; Nagashima, S.; Tokiwa, H.; Tanaka, S.; Ohno, O.; Matsuno, K.
    Synthtic studies on GPR35 agonist without species-specificity
    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress, 5P-136s, Kyoto, September 1-6, 2019.

  19. Fukuda, M.; Sasaki, T.; Hashimoto, T.; Miyachi, H.; Waki,
    M.;Asai, A.; Takikawa, O.; Ohno, O.; Matsuno, K.
    Elucidation of the mechanism of action for benzimidazole analogues as potent kynurenine production inhibitor
    EFMC-ACSMEDI MedChem Frontiers 2019, P057, Krakow, Jun 10-13, 2019.

  20. 大野修
    海洋生物由来細胞応答制御物質の探索と機能解明
    新規素材探索研究会探索研究会第
    18回セミナー(横浜)、2019年6月9日

  21. 武田翔太、鈴木健二、水本友紀子、浅井章良、滝川修、齋藤隆夫、大野修、松野研司
    化合物ライブラリーからのキヌレニン産生抑制剤の探索
    新規素材探索研究会探索研究会第
    18回セミナー(横浜)、382019年6月9日

  22. 小出拓人、渡邊智博、永沼美弥子、橋本知子、吉田和幸、山本雄大、田中智之、大野修、松野研司
    2位にエステル基を有するクロモン誘導体のアルカリ加水分解における挙動
    第77回有機化学協会関東支部シンポジウム(横浜)
    C022019年5月18日

  23. 深澤隼介、田房崚、山崎麻衣、橋本知子、丹羽英明、佐藤心、梅原崇史、大野修、松野研司
    LSD1阻害剤の合成研究
    日本薬学会第
    139年会 (千葉)23PO-pm102S2019年3月23日

  24. 永沼美弥子、渡邊智博、橋本知子、小出拓人、手塚一燈、橋本直季、赤木荘太、吉田和幸、山本雄大、
    長島颯太、常盤広明、田中智之、大野修、松野研司
    種差の解消を指向した
    GPR35アゴニストの合成研究
    日本薬学会第
    139年会 (千葉)22T-am04S2019年3月22日

  25. 澤田 潤一、石井 浩介、鈴木 由美子、松野 研司、浅井 章良
    チューブリン結合性キナゾリン化合物の細胞周期
    M期阻害活性の解析
    日本薬学会第
    139年会 (千葉)21N-am052019年3月21日

  26. 佐藤慶吾、本間椋、松野研司、大野修
    海洋生物由来小胞体ストレス誘導性アポトーシス阻害剤の探索
    日本化学会第
    99春季年会(神戸)3F3-38、2019年3月18日

  27. 長屋裕貴、向畑壱成、松野研司、大野修
    海洋生物からの栄養飢餓選択的な細胞死誘導物質の探索
    日本化学会第
    99春季年会(神戸)2F7-02、2019年3月17日

  28. 小出拓人、渡邊智博、橋本知子、橋本直季、永沼美弥子、手塚一燈、赤木荘太、吉田和幸、山本雄大、
    長島颯太、常盤広明、田中智之、大野修、松野研司
    種差の解消を指向した
    GPR35アゴニストの合成研究
    36回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都)2P-17、2018年11月28-30日
     
  29. 手嶋真武、熊澤美幸、武田翔太、鈴木健二、水本友紀子、橋本知子、浅井章良、滝川修、大野修、松野研司
    Indoleamine 2,3-dioxygenase阻害剤の合成および結合様式の解明
    36回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都)1P-36、2018年11月28-30日
     
  30. 松野研司、橋本知子、小林寛幸、大野修、イスラムラフィクル、大川原正、高村岳樹、佐々木由香、小野寺貴恵、藤森浩彰、小泉史朗、下山達、澤田武志、秋元茉莉、石川吉伸、入江徹美、井上謙吾、益谷美都子
    ポリ
    ADPリボース集積活性を有する抗がん剤候補MO2455の同定と構造活性相関
    36回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都)1P-26、2018年11月28-30日
     
  31. Ohno, O.; Nagaya, Y.; Ito, A. Iwasaki, A.; Suenaga, K.; Matsuno, K.
    Isolation and Functional Analysis of Novel Compounds with Selective Cytotoxicity under Glucose-restricted Conditions
    ICPAC Langkawi 2018 (Langkawi, Malaysia), October 30, 2018.
     
  32. 大野修
    海洋生物由来細胞応答制御物質の探索と機能解析
    第五回天然物化学研究会シンポジウム(東京)
    、2018年10月19

  33. 手嶋真武、熊澤美幸、武田翔太、鈴木健司、水本友紀子、橋本知子、大野修、松野研司
    がん免疫寛容解除を指向した
    indoleamine 2,3-dioxygenase阻害剤の合成 
    7回医薬工三大学包括連携推進シンポジウム(東京)26、2018年10月15

  34. Yamamoto, Y.; Nagashima, S.; S, Arulmozhiraja.; Koide, T.; Naganuma, M.; Watanabe, T.; Furuta, K.; Hashimoto, T.; Ohno, O.; Tanaka, S.; Matsuno, K.; Tokiwa, H.
    Computational analysis of potential compounds bound to GPR35 by using fragument molecular orbital calculations 
    Chem-bio Informatics Society (CBI) Annual Meeting 2018, P2-26, Tokyo, October 9-11, 2018.

  35. 佐藤慶吾、本間椋、松野研司、大野修
    海洋生物由来の小胞体ストレス誘導性細胞死阻害剤の探索 
    62回日本薬学会関東支部大会(東京)A-02、2018年10月2

  36. 手嶋真武、熊澤美幸、武田翔太、鈴木健司、水本友紀子、橋本知子、浅井章良、滝川修、大野修、松野研司
    Indoleamine 2,3-dioxygenase阻害剤の合成および結合様式の解明 
    62回日本薬学会関東支部大会(東京)D1-052018年10月2

  37. 佐野拓哉、寺崎拓郎、岩崎有紘、末永聖武、松野研司、大野修
    海洋生物由来
    LPS誘導性NO産生阻害物質の探索 
    62回日本薬学会関東支部大会(東京)A-01、2018年10月2日

  38. 小出拓人、渡邊智博、赤木壮太、橋本知子、大野修、吉田和幸、田中智之、松野研司
    種差の解消を指向した
    GPR35アゴニストの合成研究 
    62回日本薬学会関東支部大会(東京)H-12、2018年10月2日

  39. 清水英喜、樋口友里、橋本知子、松野研司、遠藤治、関本征史
    キナゾリン化合物
    AK-01 の抗変異原活性 
    4回次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム(東京)57、2018年9月15

  40. Matsuno, K.; Hashimoto, T.; R, Islam.; Okawara, T.; Takamura, T.; Sasaki, Y.; Onodera, T.; Fujimori, H.; Koizumi, F.; Shimoyama, T.; Sawada, T.; Shimoyama, T.; Sawada, T.; Akimoto, M.; Ishikawa, Y.; Irie, T.; Inoue, K.; Masutani, M.
    Identification of poly(ADP-ribose) accumulator MO2455 as potential anticancer agent
    XXV EFMC International Symposium on Medicinal Chemistry (EFMC-ISMC 2018), (Ljubljana, Slovenija), September 2-6, 2018.

  41. 大野修、佐々木智未、浅井章良、滝川修、松野研司
    海洋生物由来新規キヌレニン産生抑制物質の探索 
    65回トキシンシンポジウム(金沢)、2018年7月12日

  42. 佐藤慶吾、本間椋、松野研司、大野修
    海洋生物由来小胞体ストレス誘導性細胞死阻害剤の探索 
    新規素材探索研究会第
    17回セミナー(神奈川)、2018年6月8日

  43. 人見悠毅、寺崎拓郎、岩崎有紘、末永聖武、松野研司、大野修
    海洋生物由来リポポリサッカライド(
    LPS)機能調節物質の探索  
    新規素材探索研究会第
    17回セミナー(神奈川)、2018年6月8日.

  44. Sato, S.; Yamada, T.; Matsuno, K.; Li, K.; Watashi, K.; Wakita, T.; Tanaka, Y.; Tanaka, Y.; Takaoka, A.
    KID-001, a novel TDO/IDO inhibitor, suppresses the AHR-TIPARP pathway to reduce HBV replication in human hepatocytes.
    Japan-Taiwan-Korea HBV Research Symposium 2018, Academia Sinica (Taipei, Taiwan), April 7-8, 2018.

  45. 辻厳一郎、小林寛幸、三澤隆史、木下恵愛、松野研司、出水庸介
    種々の側鎖官能基を有する環状
    α, α-ジ置換アミノ酸の合成と含有ペプチドの機能評価
    日本薬学会第
    138年会 (金沢)27PA-am0792018年3月27日

  46. 安井英子、大月理央、今西義政、寺崎拓郎、大野修、松野研司、南雲紳史
    DHMEQ類縁体の合成とその活性評価
    日本薬学会第
    138年会(金沢)27PA-pm0322018年3月27日

  47. 佐々木智未、大野修、浅井章良、滝川修、松野研司
    海洋シアノバクテリア由来キヌレニン産生阻害剤
    KNP-1の同定および作用機序の解明
    日本薬学会第
    138年会(金沢)26V-pm17S2018年3月26日

  48. 渡邊智博、古田和幸、橋本知子、大野修、田中智之、松野研司
    種差の解消を指向した
    GPR35アゴニストの合成研究
    日本薬学会第
    138年会(金沢)26W-pm15S、2018年3月26日

  49. 樋口有里、清水英喜、橋本知子、遠藤治、松野研司、関本征史
    新規
    PDGF受容体阻害剤(KN1022)の類縁体であるAK01の抗変異原活性
    日本薬学会第
    138年会(金沢)26PA-am393、2018年3月26日

  50. 寺崎拓郎、岩崎有紘、末永聖武、松野研司、大野修
    海洋生物由来のリポポリサッカライド(
    LPS)の機能を阻害する化合物の探索
    日本化学会第
    98春季年会(船橋)、2018年3月21日

  51. 長屋裕貴、伊藤明美、向畑壱成、松野研司、大野修
    海洋生物からの栄養飢餓選択的な細胞死誘導物質の探索
    日本化学会第
    98春季年会(船橋)、2018年3月21

  52. 佐藤慶吾、本間椋、松野研司、大野修
    海洋生物由来小胞体ストレス誘導性細胞死阻害剤の探索
    日本化学会第
    98春季年会(船橋)、2018年3月21日

  53. 丹羽英明、佐藤心、橋本知子、池田眞理子、大沢登、脇山素明、白水美香子、松野研司、梅原崇史
    FAD依存型ヒストン脱メチル化酵素阻害剤の構造的および生化学的解析
    生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会)(神戸)、2017年12月6日

  54. Kobayashi, H.; Misawa, T.; Oba, M.; Tanaka, M.; Naito, M.; Matsuno, K.; Demizu, Y.
    Development of cationic cell-penetrating peptides focused on their secondary structures
    The 54th Japanese Peptide Symposium, P-045, Osaka, November 20-22, 2017.

  55. Niwa, H.; Sato, S.; Hashimoto, T.; Ikeda, M.; Ohsawa, N.; Wakiyama, M.;Shirouzu, M.; Matsuno, K.; Umehara, T.
    Structural and biochemical studies on inhibitors against FAD-dependent histone lysine demethylases.
    The 4th RIKEN / Karolinska Institutet / SciLifeLab Joint Symposium, Kobe, November 16, 2017.

  56. Watanabe, T.; Hashimoto, T.; Ohno, O.; Furuta, K.; Tanaka, S.; Matsuno, K.
    Synthetic studies on GPR35 agonist without specific difference
    The 16th International Symposium on Advanced Technology, P-097, Hachioji, November 1-2, 2017.

  57. Sasaki, T.; Ohno, O.; Asai, A.; Takikawa, O.; Matsuno, K.
    Identification of kynurenine-production inhibitor from a marine cyanobacterium
    The 16th International Symposium on Advanced Technology, P-069, Hachioji, November 1-2, 2017.

  58. 小林寛幸、三澤隆史、松野研司、出水庸介
    Post-modification可能なα,α-ジ置換アミノ酸の合成と含有ペプチドの二次構造解析
    43回反応と合成の進歩シンポジウム(富山)2P-16S、2017年11月6-7日

  59. 小林寛幸、三澤隆史、大庭誠、田中正一、内藤幹彦、松野研司、出水庸介
    カチオン性プロリン誘導体を含む細胞膜高透過性ペプチドの開発
    47回複素環化学討論会(高知)3O-13、2017年10月26-28日

  60. 渡邊智博、橋本知子、大野修、古田和幸、田中智之、松野研司
    クロモン環を有する
    GPR35アゴニストの合成研究
    47回複素環化学討論会(高知)2P-13、2017年10月26-28日

  61. 佐々木智未、大野修、浅井章良、滝川修、松野研司
    海洋シアノバクテリア由来キヌレニン産生阻害剤
    KNP-1の同定
    35回メディシナルケミストリーシンポジウム(名古屋)2P-098、2017年10月25-27日

  62. 渡邊智博、古田和幸、橋本知子、大野修、田中智之、松野研司
    種差のない
    GPR35アゴニストの合成研究
    35回メディシナルケミストリーシンポジウム(名古屋)1P-069、2017年10月25-27日

  63. 小林寛幸、三澤隆史、大庭誠、田中正一、内藤幹彦、松野研司、出水庸介
    二次構造に着目したカチオン性膜透過ペプチドの創製研究
    35回メディシナルケミストリーシンポジウム(名古屋)1P-005、2017年10月25-27日

  64. 佐藤慶吾、本間椋、松野研司、大野修
    小胞体ストレス誘導性細胞死を阻害する天然物の探索
    61回日本薬学会関東支部大会(東京)P-007、2017年9月16日

  65. 熊澤美幸、鈴木健司、水本友紀子、橋本知子、浅井章良、滝川修、大野修、松野研司
    IDO阻害剤の合成研究
    61回日本薬学会関東支部大会(東京)P-006、2017年9月16日

  66. 寺崎拓郎、松野研司、大野修
    リポポリサッカライド(
    LPS)によるNO 産生を阻害する物質の探索
    第61回日本薬学会関東支部大会(東京)
    P-005、2017年9月16日

  67. 佐々木智未、大野修、浅井章良、滝川修、松野研司
    海洋生物からのキヌレニン産生抑制剤の探索
    61回日本薬学会関東支部大会(東京)E-02、2017年9月16日

  68. 長屋裕貴、伊藤明美、向畑壱成、岩崎有紘、末永聖武、松野研司
    海洋生物からの栄養飢餓選択的な細胞死誘導物質の探索
    61回日本薬学会関東支部大会(東京)E-01、2017年9月16日

  69. 小林寛幸、三澤隆史、内藤幹彦、松野研司、出水庸介
    カチオン性プロリン誘導体を導入した細胞膜透過性ペプチドの開発
    61回日本薬学会関東支部大会(東京)C-06、2017年9月16日

  70. 渡邊智博、橋本知子、大野修、古田和幸、田中智幸、松野研司
    種差のない
    GPR35アゴニストの合成研究
    61回日本薬学会関東支部大会(東京)A-04、 2017年9月16日

  71. Fukuda, M.; Sasaki, T.; Suzuki, K.; Miyachi, H.; Waki, M.; Asai, A.; Hashimoto, T.; Ohno, O.; Takikawa, O.; Matsuno, K.
    Benzimidazole analogues as kynurenine production inhibitor by hopping from indoleamine 2,3-dioxygenase inhibitior.
    EFMC-ASMC'17 7th EFMC International Symposium on Advances in Synthetic and
    Medicinal Chemistry, Wien, Österreich, August 26-31, 2017.

  72. 大野修、長屋裕貴、伊藤明美、岩崎有紘、末永聖武、松野研司
    海洋シアノバクテリア由来栄養飢餓選択的な細胞死誘導物質の単離と機能解析
    64回トキシンシンポジウム(神戸)2017年7月11日
         
  73. 佐々木智未、大野修、浅井章良、滝川修、松野研司
    海洋生物由来キヌレニン産生抑制物質の探索
    新規素材探索研究会第
    16回セミナー(横浜)2017年6月9日
         
  74. 長屋裕貴、伊藤明美、向畑壱成、岩崎有紘、末永聖武、松野研司、大野修
    海洋生物由来栄養飢餓選択的な細胞死誘導物質の探索
    新規素材探索研究会第
    16回セミナー(横浜)2017年6月9日

  75. 小林寛幸、出水庸介、三澤隆史、山下博子、大庭誠、田中正一、松野研司、栗原正明
    プロリンの構造特異性を生かした細胞膜透過性ペプチドの開発
    日本薬学会第137年会(仙台)2017年3月25-27日

  76. 長屋裕貴、伊藤明美、岩崎有紘、末永聖武、松野研司、大野修
    Kalkipyroneによる栄養飢餓選択的な細胞死誘導機構の解明
    日本化学会第
    97春季年会(慶応義塾大学 日吉キャンパス)、2PB-099、1PC-120、2017年3月16-17日

  77. 寺崎拓郎、松野研司、大野修
    海洋生物由来のリポポリサッカライド
    (LPS)の機能を阻害する化合物の探索
    日本化学会第
    97春季年会(慶応義塾大学 日吉キャンパス)、2PB-1971PC-1162017年3月16-17日

  78. 佐々木智未、大野修、浅井章良、滝川修、松野研司
    海洋生物からのキヌレニン産生抑制剤の探索
    日本化学会第
    97春季年会(慶応義塾大学 日吉キャンパス)、2PB-1981PC-1152017年3月16-17日

  79. 出水庸介、小林寛幸、山下博子、三澤隆史、大庭誠、田中正一、松野研司、栗原正明
    側鎖にグアニジノ基を有するプロリン誘導体の合成と細胞膜透過性ペプチドへの応用
    46回複素環化学討論会、2016926-28

  80. 澄本慎平、四宮誠一、岩崎有紘、大野修、犬塚俊康、照屋俊明、末永聖武
    海洋シアノバクテリア由来のリポペプチドの構造
    58回天然物有機化合物討論会、212016915

  81. Fukuda M.; Suzuki, K.; Sasaki, T.; Miyachi, H.; Waki, M.; Asai, A.; Hashimoto, T.; Ohno, O.; Takikawa, O.; Matsuno, K.
    Benzimidazole analogues as kynurenine production inhibitor without indoleamine 2,3-dioxygenase inhibition.
    XXIV EFMC International Symposium on Medicinal Chemistry (EFMC-ISMC 2016),
    Manchester, UK, August 27 - Sep 1.

  82. Shimoyama, T.; Sawada, T.;Akimoto, M.; Sasaki, Y.; Fujimori, H.; Isikawa, Y.; Okawara, T.; Irie, T.; Takamura, TAsai.; Matsuno, K.; Inoue, K.; Masutani, M.; Koizumi, F.
    Identification of a novel compound, MO2455, that induces poly(ADP-ribose) (PAR) accumulation and inhibits the growth of cancer cells in vitro and in vivo.
    AACR Annual Meeting 2016, New Orleans Louisiana, USA, April 16-20, 2016.

  83. 大野修、伊藤明美、岩崎有紘、末永聖武、松野研司
    海洋生物由来ポリケチド化合物による栄養飢餓選択的な細胞死誘導機構の解析
    日本化学会第96春季年会3C1-11、1PC-14、2016年3月26日

  84. Ohno, O.; Same, K.; Kudo, C.; Sumimoto, S.; Teruya, T.; Tashiro, E.; Simizu, S.; Imoto, M.; Suenaga, K.
    Isolation of tomuruline, a novel thiazole containing polyketide with selective cytotoxicity under glucose-restricted conditions.
    Pacifichem 2015 conference, Hawaii, USA, December 18, 2015.

  85. 益谷美都子、Rafiqul Islam、藤森浩彰、佐々木由香、小泉史明、井上謙吾、松野研司、石川吉伸、高村岳樹、大川原正
    がん治療の分子標的候補としての
    PARGの検討
    BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)ワークショップ『NAD+-poly(ADP-ribose)代謝を標的とした創薬研究の新展開ー基礎から臨床応用までー』
    2015 年12月1日~4日

  86. Fukuda, M.; Miyachi, H.; Waki, M.; Asai, A.; Takikawa, O.; Matsuno, K.
    Cyclisation of benzylisothiourea provided kynurenine production inhibitor without indoleamine 2,3-dioxygenase inhibition.
    EFMC-ASMC'15 6th EFMC International Symposium on Advances in Synthetic and Medicinal Chemistry, Rehovot, Israel, November 15-18, 2015.

  87. Ohno, O.; Ito, A.; Obata, S.; Iwasaki, A.; Suenaga, K.; Matsuno, K.
    Isolation and functional analysis of novel compounds with selective cytotoxicity under glucose-restricted conditions.
    The 14th International Symposium on Advanced Technology, Hachioji, 2015. 11. 1.

  88. 岩崎有紘、大野修、澄本慎平、岡本慎一朗、森田真布、旦慎吾、矢守隆夫、末永聖武
    海洋シアノバクテリア由来新規小胞体ストレス誘導剤クラハインの構造、合成および作用機序解明
    57回天然物有機化合物討論会 P-41、2015 年9 月9 日

  89. 大野修、田代悦、清水史郎、井本正哉、末永聖武
    新規チアゾール含有ポリケチドtomurulineによる栄養飢餓選択的な細胞死誘導機構の解析
    19回日本がん分子標的治療学会学術集会 P15-1、2015 年6 月11 日

  90. 澤田潤一、松野研司、小郷尚久、浅井章良
    染色体からの微小管形成における
    M期キネシンEg5の役割
    日本ケミカルバイオロジー学会第
    10回年会 P-055、2015 年6 月10 日~12日

  91. 大野修
    海洋生物からの新物質探索研究―構造解明と機能解明の
    2種類の謎解きへの取り組み
    第一回 工学院大学生命化学科シンポジウム 
    2015 年4 月25 日














information

医薬化学研究室

〒192-0015
東京都八王子市中野町2665-1
17号館3階356
Phone: 042-628-4492
E-mail: matz□cc.kogakuin.ac.jp
(□に@を入れてください)