工学院大学 生体生命情報研究室  [日本語] [English]

容量結合性電極による無拘束生体信号の計測・応用

 容量性結合電極は、下図のように生体−絶縁物−電極で構成されます。図中の点線の部分がコンデンサを形成していますので、交流信号を検出できます。この原理を利用すると心電図(ECG)、筋電図(EMG)、脳波(EEG)などを測定することができます。通常の電極と違って、電極ペーストを必要としませんので、ドライ電極とよばれます。



 しかし、コンデンサ部分の形状(絶縁物の厚さ、接触面積など)が変わると容量が変化し、計測したい信号にノイズとなって混入します。体動によって、このようなノイズが生じますので、ノイズから体動を検出することも可能です。本研究室では、この原理を応用した離着床の判定や褥瘡(じょくそう:床ずれのこと)予防技術について研究しています。

 また、呼吸によっても信号に変化が生じますので、回路を工夫することによって、心電図と呼吸の同時計測が可能になります。しかし、体動の影響も受けますので、呼吸の検出率が低くなってしまいます。そこで、体動が起きている区間を同定し、その影響を取り除くアルゴリズムについて研究しています。

 この研究テーマは東京電機大学 生体情報インタフェース研究室(植野研)との共同研究です。

研究内容に戻る

連絡先

工学院大学工学部
電気電子工学科※
生体生命情報研究室
〒163-8677 新宿区西新宿1-24-2
wwc1059[at]www.ns.kogakuin.ac.jp
*[at] は @ に置換えてください。
※2017年度より電気システム工学科から名称変更

プライバシーについて

本サイトではよりよい情報提供のためにGoogle アナリティクスを使用しています。データ収集の際、cookieを設定したり、既存のcookieを読み取る場合があります。収集する情報の範囲は目的達成に必要な限度を超えないものとします。