Lecture of 工学院大学 谷口研究室






工学院大学建築学部建築デザイン学科谷口研究室
Since : 2000-05-24 Last : 2013-06-28

lecture01.psd

第1部 建築都市デザイン学科

BD100604_3 4.jpg

ベーシックデザイン Basic Design

建築を学ぶ基本姿勢を知り、まず「建築デザイン」の意義と目的を理解する。
造形上の基礎理論の修得と演習を通じて,建築の基礎となるデザイン能力と教養としての色彩能力を養成する。

学部1年前期

Scan10001.JPG

建築設計Ⅱ Architectural Design II

より社会性のある設計課題を通して、建築空間のあり方を探る。特に人間生活上の様々な機能性も満足する設計,デザインのあり方を合せて学習する。また,文化財的な建築物のコピー等を通して、保存・活用や建築の古典についても学習する。

学部2年後期

d201017-1.jpg

空間デザイン Space Design

建築空間をデザインする面白さを、理性的にしかもビジュアルに講義する。
生活空間を設計する基礎的理論を幅広く学ぶと共に、多くの歴史的・地域的事例を考察し、その問題意識・デザイン意識を高める。

学部3年前期

obara_yazaki02.jpg

建築都市デザインⅢ Design Studio in Architecture and Urbanism III

学部最後の設計科目である。都市に対してより多くの問題意識を高めると共に、広域で大きなスケールの空間認識と空間構成力が求められる。幅広く都市問題を考察し、より良い環境づくりはもとより、都市計画・アーバンデザイン・自然との共生などについても考究する。多機能の施設のプログラムの作成方法、ゾーニングの進め方、複合建築の内外空間のデザイン方法、構造、設備、その他の機構との融合、ランドスケープデザイン・アーバンデザイン的配慮等、グループをつくっての設計作業を通じて学ぶ。

学部4年前期


第2部 建築学科

008.jpg

住居デザイン Design of Dwelling House

良い住まいとはどのような住まいを言うのか。居住空間の質とは何か。また都市の構成要素としての住居のありかたを考察し、すまいの環境全体をとおして住居デザインを学ぶ。またスケッチの重要性から、毎回講義に関係する素材のスケッチを共に練習することで、この講義終了時には必ずスケッチの上達が見られる。

学部1年後期

d103939-1.jpg

空間デザイン Space Design

生活空間を設計する基礎的理論を学ぶと共に、多くの歴史的・地域的事例を考察しその設計能力を高める。

学部2年前期


大学院

IMG_0247 のコピー.JPG

建築設計1  Studio Work 1

学部での建築設計の学修を踏まえて、さらに複合的設計プログラムを通して実践的課題を学修する。課題内容については各担当教員がそれぞれの条件の中で、教員協議の上決定する。設計課題は、建築単体、複合機能建築、都市デザインを含めた環境デザインである。これらの課題を通して個々の設計能力養成を行う。
尚、この科目は、2008年の建築士法改正による、インターンシップ対応科目としており、「設計実務指導資格」のある教員による、ハードな実務教育に重点をおいている。

修士1年前期

th_IMG_0354.jpg

建築デザイン特論  Architectural Design

世界の優れた歴史的都市・建築の事例を現代の我々の視点から捉え直す。さらにその空間分析をとおしてデザインの構成要素と環境のかかわりを考察する。

修士1年後期

R0023158 のコピー.JPG

建築実務特論  Professional Practice

現在、我が国の大学における建築教育の中で、特に建築家になるための実務教育が欠けている。主立った設計事務所では、新入社員に対して特に研修期間を設けるか、また見習い期間を1年以上もとらなければ組織として機能しないとまで言われている。特に近年建築家の国際的な資格制度がクローズアップされており、現在UIAが中心になって建築家の資格を共通の基盤で定義し、その上で建築家の資格をお互いに認証しあい、プロフェッショナリズムに関する国際的な障壁をなくしていこうとしている。

集中


セミナー

d106042.jpg

デザイン・セミナー  Design Seminar

単位無しの自主ゼミ。通称「デ・ゼミ」。

学部1年対象自主ゼミ

イエガタコンペ のコピー.jpg

3年後期セミナー  Seminar 3

谷口研究室の3年生のセミナー活動は、毎年M1とチームを編成し、学外コンペに出品する事を課題としている。これは下級生と上級生との交流を深める事を意図し、また建築設計におけるプレゼン技法・スケジュール管理・戦略等におけるデザインテクニックを後世に伝承する必要があると考えているからである。2010年度の3年ゼミでは、TEPCOインターカレッジ選手権(主催:東京電力株式会社)に出品。

学部3年対象ゼミ