Topics 2011 of 工学院大学 谷口研究室






工学院大学建築学部建築デザイン学科谷口研究室
Since : 2000-05-24 Last : 2013-06-28

topics01.psd

2011年度 トピックス

R0011484.JPG

12.03.24 2011年度学位授与式!

3月19日、2011年度学位授与式が行われました!
M2と4年生卒業おめでとうございます!
写真は、研究室のメンバーで飲み会をした時のものです。ゲストに本客員研究員の横田歴男氏(横田歴男建築設計事務所)、非常勤講師である澤崎宏氏(計画・環境建築)も駆けつけるなど、卒業生を祝い楽しい飲み会となりました。

1-.jpg

12.03.16 修士プロジェクトを掲載しました!

2011年度工学院大学谷口研究室の修士プロジェクトを掲載しました。
作品は下記からご覧ください。

2011年度修士プロジェクト


t-06.jpg

12.03.09 卒業設計を掲載しました!

2011年度工学院大学谷口研究室の卒業設計を掲載しました。
作品は下記からご覧ください。

2011年度卒業設計


01.jpg

12.02.28 トウキョウ建築コレクション

今年で6年目を迎えるトウキョウ建築コレクション「全国修士設計展」において、本研究室の加藤学さん(修士2年)の修士プロジェクトが、代官山ヒルサイドテラスにて展示されます。トウキョウ建築コレクションは、全国から一同に修士設計を集め、審査員による一次審査で選ばれた20点前後の作品の展示、公開審査、公開講評会を行います。2月28日(火)から3月4日(日)の期間、ヒルサイド・フォーラムでの展示に加え、3月3日(土)に建築設計の第一線で活躍されている建築家の方々をお招きして公開講評会(二次審査)を開催。公開講評会では展示された模型・パネルの審査、ヒルサイド・プラザでの出展者によるプレゼンテーション、審査員による質疑応答を行います。その後、各審査員賞と、グランプリを選出します。

展示:
2012年2月28日(火)〜2012年3月4日(日)
11:00-19:00 (初日は14:00から、最終日は17:00まで)
代官山ヒルサイドテラス・ヒルサイドフォーラム 地図

トウキョウ建築コレクション
http://www.tkc-net.org/index.html




RIMG1509.JPG

12.02.17 修士論文「優秀賞」受賞!

2012年2月15日(水)に、工学院大学大学院修士論文最終審査会が本学新宿キャンパスで行われ、本研究室に所属する小沢翔太・加藤学・坂本達典・重田和也・藤井彩加・渡辺ちひろがそれぞれ発表。討議と投票の結果、藤井彩加さんの作品「マイケル・ポランニー「暗黙知の次元」からみる空間設計手法」が優秀賞を受賞。また、加藤学さんの作品「木造都市」が佳作に選ばれました。今年度は7つの意匠系研究室(院生延27名)が発表し、当日は朝から晩までの審査会でした。

最優秀賞:清水基宏(澤岡研究室)
優秀賞:藤井彩加(谷口研究室)
佳作:大谷金秀(西森研究室)
佳作:加藤雅史(澤岡研究室)
佳作:加藤 学(谷口研究室)
佳作:山内響子(木下研究室)



RIMG1401.jpg

12.01.28 卒業設計2年連続「最優秀賞」受賞!

2012年1月20日(金)に、工学院大学卒業設計最終提出日を迎え、大学生活を締めくくる最後の設計が終わりました。卒業設計の審査は本年度も二段階審査方式を取り、一次審査で専任教師の採点で平均点の上位10%の作品が選ばれ、学科に所属する学生6名(本研究室からは高田有梨・山下修平・吉澤真純)が二次審査に進む事に至りました。26日(木)の二次審査では、例年同様、非常勤講師も交えた24名の審査員と学生の前で口頭によるプレゼンテーションが行われ、討議と投票の結果、高田有梨さんの作品「江古田学園街」が最優秀賞に選ばれました。当日は発表を行わなかった4年生をはじめ、3年生、院生も駆けつけ皆で審査を見守りました。写真は審査会終了後の一コマです。 

最優秀賞:高田有梨「江古田学園街」
優秀賞:吉澤真純「共にありつづける水景」
優秀賞:山下修平「町屋保育園」
佳作:平田隆徳「キオクノケイショウ」 


谷口研究室同窓会2011.JPG

11.12.04 谷口研究室同窓会2011を開催しました!

12月4日(日)に「谷口研究室同窓会2011」を本学ファカルティクラブにて開催致しました。当日は、谷口先生+卒業生79名+現役学生が一同に集結し、現役学生による研究室近況、OB・OGによる実務の話を交えながら、世代を超えた方々と楽しい一時を過ごすことが出来ました。今回同窓会のコーディネートを務めた鰺坂誠之さん(14期卒)、須田直樹さん(16期卒)この場をお借りしまして心よりお礼申し上げます。

谷口研究室同窓会2011写真集
同窓会次第
同窓会出席状況報告





11.11.27 谷口研究室同窓会2011の出欠状況

来週12月4日(日)に予定されている谷口研究室同窓会の出欠状況をお知らせします。11月25日〆切り現在で、なんと60名の卒業生から出席の御返事を頂いております。当日のラストには集合写真も予定しております。まだ検討中の方若しくは、欠席の予定から出席を希望される方がおられましたら、幹事(鯵坂又は須田)までご連絡ください。




T2011.pdf

11.11.02 谷口研究室同窓会2011のお知らせ

早いもので研究室も今春の卒業生で第26期を数えるまでになり
谷口宗彦教授も御退職まであと2年程(予定)となりました。

そこでこの度、しばらく開催していなかった谷口研究室同窓会を開催する運びとなりました。
詳細は添付のPDF書類をご参照ください。
谷口先生が電子メールを把握している方にはメールにてご連絡差し上げており、それ以外の方にはハガキで通知をお送りしております。

なお、卒業以来、住所変更等により連絡先不明の方も多くおります。
同窓会の通知を何らかの手段により受けてない方も生じる場合がございます。
同期で連絡のつく方には是非お声掛け頂き、研究室までお知らせくださいますようお伝え頂ければ幸いです。


PDF書類


----------------------------

工学院大学 建築学部 谷口研究室同窓会2011

日付:2011年12月4日(日曜日)
時間:開場15時30分~ / 開始16時00分~終了18時00分
場所:工学院大学新宿校舎 8階ファカルティクラブ
会費:2000円

出欠の確認 11月25日までに 下記連絡先までお願いします。
研究室:wwd1022●ns.kogakuin.ac.jp

注) ●部分を@に直してメールしてください。

幹事:鯵坂誠之、須田直樹

----------------------------



新木造藤森.根本大輔.澤岡.鈴木甫.jpg

11.12.01 第7回「新・木造の家」設計コンペ「最優秀賞」受賞!

10月29日(土)に第7回「新・木造の家」設計コンペ(主催:特定非営利活動法人森林をつくろう)の公開二次審査会が福岡県LIXIL福岡総合ショールームで行われ、事前に一次審査を通過した本研究室の加藤直樹(修士1年)・藤森研究室の根本大輔(学部4年)・澤岡研究室の鈴木甫(学部4年)との共作品『サンドイッチハウス』が最優秀賞に選ばれました。

第7回「新・木造の家」設計コンペ
http://www.mori-tukurou.com/cat88/010.php



final poster.jpg

11.11.06 Premio Compasso Volnte 「Second Prize」!!

2011年10月7-8日に、本学とミラノ工科大学との国際交流事業の一環として今年5月から取り組んだ国際コンペ「プレミア・コンパッソ・ボランテ(Premio Compasso Volnte)」のファイナルセレモニーがイタリア・レッコにて行われ、本研究室の加藤学(修士2年)・山本晃平(学部4年)・鈴木研究室の長谷川公彦(修士2年)・ミラノ工科大学の学生チームとの共同出展作品が『Second Prize(2位)』に入りました。
セレモニー当日は、学生・マルコ教授を含むポリテクのスタッフのほか、13年間ワークショップを支えてきたスポンサー、レッコ関係など約100名以上が参加し、同じチームであるVincenzo De Gregorio, Mattia Andrea, Veronica Cogliatiが審査員から授与。後日、ミラノ工科大学のマルコ教授が来日し、今回のワークショップについての講演会が本学で開催されました。

Premio Compasso Volnte 2011Doticon_wht_Blank.gif
http://www.prointec.it/wp-content/uploads/2011/09/Locandina.jpg





R0018331.JPG

11.11.01 TOKYO DESIGNERS WEEK !!

11月1日(火)〜6(日)にかけて、工学院大学は『TOKYO DESIGNERS WEEK 2011』(主催:デザインアソシエーションNPO)に出展いたします。
今年で26年目を迎えるTOKYO DESIGNERS WEEKは、『LOVE 地球への愛、ヒトへの愛、モノへの愛』をテーマに 、国内外の企業・デザイナー・大使館・団体がそれぞれの作品や取り組みを発表。本学からは鈴木敏彦教授の「建築プロダクトデザイン特論」の受講学生(本研究室から西澤章太・矢野宗宏)が共同で製作した作品『出会いの場所』を出展いたします。お時間ありましたら是非お越しください。

□開催概要
名称:TOKYO DESIGNERS WEEK 2011
会期::11月1日(火)〜6日(日)
場所:〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2-3 明治神宮外苑絵画館前
開催時間:11:00〜21:00(最終日18:00予定)
主催:デザインアソシエーションNPO

TOKYO DESIGNERS WEEK 2011Doticon_wht_Blank.gif
http://www.tdwa.com/

工学院大学ニュースDoticon_wht_Blank.gif
http://www.kogakuin.ac.jp/news/201111/0101.html


IMG_1669.JPG

11.10.16 谷口研究室秋合宿!

2011年10月14日(金)〜15(土)にかけて、毎年恒例谷口研究室の秋合宿を本学八王子キャンパス松風舎にて行いました。
今年度の秋合宿は不運にも雨に見舞われ、予定していたソフトボール大会が中止。しかし、当日は昨年参加することの出来なかった谷口先生や、非常勤講師である澤崎宏氏(計画・環境建築)のほか、澤岡研究室・木下研究室の学生も現地に駆けつけるなど、共にBBQや今月誕生日を迎える学生を祝い、翌日まで楽しいひと時を過ごすことが出来ました。秋合宿の写真はEventページに掲載しております。下記からアクセスしてご覧ください。

Home >>Event >>2011年度秋合宿


0100.jpg

11.10.08 MITSUBISHI DESIGNER AWARD 「大賞」受賞!

全国の卒業制作を対象としたMITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2011において、本研究室の加藤直樹君(修士1年)の卒業設計『解体プロセスによる都市の再生産』が大賞に選ばれました。
このコンペは、プロダクト、グラフィック、ファッション等、デザインを志す学生の卒業制作を対象に、独創性、デザイン性、機能性、実現性・経済性、社会への貢献などの観点から評価を下すもので、加藤直樹君の作品は全国296の応募作品の中から見事「大賞」を受賞することが出来ました。作品は10月26日(水)~29日(土)の期間、東京国際フォーラム(ガラス棟B1Fロビーギャラリー)にて展示予定。

MITSUBISHI CHEMICAL JUNIOR DESIGNER AWARD 2011Doticon_wht_Blank.gif
http://www.m-kagaku.co.jp/mcjda/index2.html


2041.JPG

11.08.24 夏合宿 in 谷川岳!

2011年8月7日(日)~10日(水)に谷口研究室の夏合宿が行われ、今年は群馬県谷川岳を登りました。今年度もB3~M2の混合チームからなる料理対決「喰感デザイン」を封切りに、ドッヂボール、スイカ割り、BBQ、飲み会、文化財見学(雲越家住宅・富岡製糸場)など、学年の縦横の関係を深めながら、普段の都会とはうってかわって大自然に囲まれた非日常の空間や、山頂から見る壮大なスケールを体感することができました。夏合宿の写真は下記からアクセスしてご覧下さい。

Home >>Event >>2011年度夏合宿

jia.jpg

11.08.17 JIAオープンスクール

2011年7月25日(月)〜7月29日(日)まで修士1年を対象としたJIAオープンスクールが行われました。本学からは4つの研究室から11名が参加し、本研究室の修士1年も全員参加しました。
JIAオープンスクールでは、三菱地所設計、松田平田設計、日建設計、久米設計さんの建物の見学と講義が行われました。三菱地所設計の三菱一号館の見学と「丸の内のまちづくり・三菱一号館復元」の講義を受けました。松田平田設計の国立音楽大学新1号館を見学、「将来を見据えたキャンパスの再構築」をテーマに講義を受けました。日建設計のホキ美術館を見学、「組織設計の作法」をテーマに講義を受けました。久米設計の東京農業大学新講義棟を見学、「コラボレート」をテーマに講義を受けました。
また、各企業の見学・講義後に課題が出され、グループに分かれて課題へ挑戦しました。最終日には各課題の発表が行われ、各グループは徹夜で作業を行いました。発表後には各企業から1〜2グループが選ばれ表彰を受けました。
JIAオープンスクールには本校の他、日本大学・東京電機大学・芝浦工業大学・法政大学・東京都市大学が参加し交流を深めました。


01.jpg

11.08.17 大森ゼミ

2011年8月5日(金)に大森ゼミの中間発表が行われ、本研究室の修士1年、佐藤浩介・加藤直樹・西澤章太・矢野宗宏が発表を行いました。
今回のゼミでは、本校の卒業生であり大田区大森山王地区にあるダイシン百貨店社長の西山敷氏を招いて発表が行われ、これまでの大森山王地区の調査・分析結果の報告、各プロジェクトの発表を行いました。発表後には西山氏からアドバイスを頂きました。

ユニバーサルホーム デザイン コンペティション2011.jpg

11.07.19 UNIVERSAL HOME デザインコンペ「優秀賞」受賞!

2011年7月12日(火)にUNIVERSAL HOME デザインコンペ2011(主催:株式会社ユニバーサルホーム)の表彰式が東京都内で行われ、本研究室の加藤直樹(修士1年)・宮内知也(学部4年)・山本晃平(学部4年)による共作品『家族を守る家。風土を守る家。』が優秀賞に選ばれました。このコンペは、住まいづくりの根本を問い直すアイデアを募集し、提案者は風土と寄り添い合う姿を提案。表彰式当日は、今回審査委員長を努めた塚本由晴氏(東京工業大学大学院准教授)・加藤充氏(株式会社ユニバーサルホーム代表取締役社長)による講評会が行われ、今回のテーマでもある家づくりの根本を問い直すアイデアについて直にお話することができました。作品は公式ホームページに掲載されるほか、ライフスタイル誌PEN(2011年秋号)にて連載予定。

UNIVERSAL HOME デザインコンペ2011Doticon_wht_Blank.gif
http://www.universalhome.co.jp/compe2011/

ミラノ写真.jpg

001.jpg002.jpg003.jpg

□国際交流ワークショップ
日程:2011年5月9日~15日
於:ミラノ工科大学(イタリア)
主催:工学院大学建築学科鈴木研究室
共催:ミラノ工科大学マルコ研究室

11.07.17 ミラノ工科大学との国際交流ワークショップ!

2011年5月9日(月)~15日(日)にかけて、ミラノ工科大学と本学の国際交流事業として、イタリアにて国際ワークショップを開催しました。
本学からは5つの研究室(学生延13名)が参加し、本研究室からは加藤学(修士2年)、山本晃平(学部4年)が参加。ワークショップの内容は、日本・イタリアの学生でチームを組み、国際コンペ「プレミア・コンパッソ・ボランテ(Premio Compasso Volnte)」に共同出展するものでした。
このコンペは、ポルトガル採石場跡地に温泉施設を提案するもので、我々は異文化における言葉の通じない学生と、英語とスケッチでお互いの考えを共有しながら、日本と西洋の温泉施設の違いや、環境に配慮したデザインを追求。
滞在期間中、今回のコーディネーターを努めた鈴木敏彦教授のほか、杉原有紀氏(ATELIER OPA)、橋本しのぶ氏(www.hashinobu.com)も現地に駆けつけ、学生らにアドバイスを承りながら、エスキスを行いました。
また、今回ミラノ工科大学のマルコ先生のご好意により、イタリアの家具デザイナー、アッキーレ・カスティリオーニ(Achille Castiglioni)、アンジェロ・マンジェロッティ(Angelo Mangiarotti)の各事務所内を見学させてもらうほか、市内の美術館を案内させてもらうなど、我々学生にとっては願ってもないプレゼントを頂くことが出来ました。帰国後の現在、秋のコンペ出展に向けて、ミラノの学生とインターネット(Facebook,Skype)を利用しながら、エスキスを行っています。

工学院大学建築学科鈴木研究室Doticon_wht_Blank.gif
http://www.atelier-opa.com/suzuki-lab/polim.html
工学院大学ニュースDoticon_wht_Blank.gif
http://www.kogakuin.ac.jp/news/201107/0601.html
ミラノ工科大学Doticon_wht_Blank.gif
http://www.polimi.it/


文化遺産コンペのシート.jpg

11.07.13 第三回文化遺産防災アイデアコンペ「特別賞」受賞!

7月2日(火)に第三回文化遺産防災アイデアコンペティション「堀川〜歴史的都市軸の再生」(主催:立命館大学歴史都市防災研究センター(文部科学省G-COE文化遺産防災学推進拠点))の公開二次審査会が滋賀県立命館大学で行われ、事前に一次審査を通過した本研究室の坂本達典(修士2年)・西澤章太(修士1年)・澤岡研究室の殿村勇貴(修士2年)との共作品『竹の系譜』が特別賞に選ばれました。

第三回文化遺産防災アイデアコンペティションDoticon_wht_Blank.gif
http://www.bunkaisan-competition.jp/

IMG_06981.jpg

11.07.13 谷口研究室構成メンバー更新!

6月23日(火)に研究室選考会が行われ、本年度は7名の3年生が本研究室に加わりました。また、客員研究員として関谷真一氏、須田直樹氏も迎えました。写真は7月8日(金)に行われた3年生歓迎会の様子です。

Home >>Profile >>2011年度構成メンバー

IMGP1274.JPG

11.06.25 「mova project」作成家具、被災地に納品!

2011年6月25日(土)に谷口研究室のメンバーが所属する被災地支援活動団体「mova project」が作成した家具を、気仙沼面瀬中学校の避難所に納品致しました。家具は全部で21卓、80脚。避難所から仮設用住宅への引越しが決まった際に配布されます。

工学院大学建築学部ニュースDoticon_wht_Blank.gif
http://www.kenchikugakubu.jp/news/2011/071001.html

R0017205.JPG

11.06.17-19 「mova project」被災地ヒアリング調査!

2011年6月17~19日に谷口研究室のメンバーが所属する被災地支援活動団体「mova project」ボランティア活動に同行し、ヒアリング調査を行いました。今回の現地における活動の大きな目的は、被災地で支援を行う団体「被災地の子どもを支援する神奈川市民の会」の秦好子さんのご協力のもと、秦さんらの主な活動場所である面瀬中学校をはじめ、現在の被災地の実情を理解し、会話、展示、プレゼンテーションなど、現地の方々との様々なコミュニケーションを通して可変式家具の実体的なニーズの調査を行うということにあります。実際に現地でプレゼンテーションを行ったところ、提案した家具はテーブル、スツールともに好評であり、現物を見せながら被災地の方々とお話をしたところ、多くの方々に気に入って頂けたようで「是非欲しい」とのお声を頂くことができました。現地の方々とのお話を踏まえ、提案内容を一部改善し、ご協力いただけたアンケートを参考に製作数や発注の段取り、製作方法や輸送方法といった具体的な内容を検討し、被災された方々に少しでも快適な生活を実現していただけるよう、プロジェクトの実現に向けて活動していきます。

P1040463.JPG

11.06.07 2011年度研究室説明会!

6月7日(火)に谷口研究室の説明会が行われました。3年生を対象とした今年度の研究室説明会は、谷口先生・小沢翔太(修士2年)の両名による研究室のスタイルやスケジュールについての話がなされ、3年生が研究室に所属後、どのような活動をするかを例年の研究室内の活動を振り返りながら写真を用いて説明いたしました。

IMG_0041.JPG

11.05.30 「mova project」がNHK総合テレビに出演! 

2011年5月30日(月)に谷口研究室のメンバーが所属する復興支援有志団体「mova project」の活動が、NHK総合テレビ「おはよう日本」で取材を受け、7:45~8:00の時間帯に生放送されました。

NHK総合テレビ おはよう日本Doticon_wht_Blank.gif
http://datazoo.jp/tv/NHKニュース+おはよう日本/489056

P1040429.JPG

11.05.21 東北被災地活動報告会!

2011年5月21日(土)に東北被災地活動報告会が本学新宿キャンパス3階アーバンテックホールで行われ、谷口研究室から西澤章太(修士1年)、吉澤真純(学部4年)の2名がパネリストとして参加致しました。現在、工学院大学建築学科の学生有志で「mova project」(東日本大地震復興支援学生有志団体)が進められており、今回の報告会でその活動を紹介させて頂きました。現在、「mova project」は谷口研究室・近藤研究室・藤森研究室を中心に活動が行われており、仮設住宅で使われる可変式家具の提案を進めています。

工学院大学東北被災地活動報告会Doticon_wht_Blank.gif
http://www.kogakuin.ac.jp/125/news/event/2011/050901.html
http://www.kogakuin.ac.jp/news/201105/3001.html

東日本大地震復興支援学生有志団体「mova project」ブログDoticon_wht_Blank.gif
http://d.hatena.ne.jp/movapro/

mova projectの第一弾「mova table」Doticon_wht_Blank.gif
http://www.youtube.com/watch?v=yNkGdKfKACY

写真 2011-04-28 15 38 33.jpg

11.04.28 2011年度谷口研究室ゼミ始動!

2011年4月28日(木)に谷口研究室のゼミが行われました。今回のゼミでは、今年度の谷口研究室の方針、ゼミ活動についての話し合いが行われたほか、4月22~25日にかけて被災者支援ボランティア活動に携わった宮内知也(学部4年)・山本晃平(学部4年)・吉澤真純(学部4年)の活動報告もなされました。

工学院大学ニュースDoticon_wht_Blank.gif
http://www.kogakuin.ac.jp/news/201105/0601.html