• 推薦関係グラフのパターン抽出に基づく商品間の関係判定手法  PDF  プレプリント
    北山大輔,角谷和俊
    ARG 第2回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, pp.17-22, 2013年5月, 査読無
  • 概要
    Amazon.comや楽天市場などのオンラインショッピングサイトでは閲覧商品に対して推薦商品が提示される.我々はこの推薦関係をエッジとし,商品集合は推薦による有向グラフの構造を持つと考えた.本稿では,この推薦関係グラフにおける商品の推薦,被推薦のパターンおよび商品カテゴリを分析することで商品間の関係を判定する手法を提案する.例えば,ある「プリンタ」に対してのみ「DVD-R」が推薦されており,その他のプリンタには推薦されていない場合,このプリンタに対してDVD-Rは「レーベル印刷」の機能を表現する関係を持つ.本稿では,商品間の一般的もしくは特有な機能を表現する関係,上位/下位関係,同等関係を定義し,それらの判定手法について議論する.また,プロトタイプシステムを構築し,実験を行った.
    本研究の概念図
  • スライド
    準備中です.