• 観光オブジェクトに対するユーザの滞在時間の差異に基づく経路探索システム  PDF  プレプリント
    大図 圭介,北山 大輔,中島 伸介,角谷 和俊
    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM Forum 2014), E9-5, 兵庫県, 2014年3月, 査読無
  • 概要
    本研究では,ユーザの行動時間に着目して観光オブジェクトの予定コストを再計算し,新たな予定時間を算出し,この新しい予定時間を用いて経路を推薦する手法を提案している.本手法では観光オブジェクトの予定コストに対して長く,もしくは短く滞在した場合に,その変更理由が観光オブジェクトへの興味の有無や歩き方,観光の仕方などのユーザの特性によるものであると考えた.そこで,観光オブジェクト間に関係を定義し,同種のオブジェクトには同じく興味があると考え同様の影響を与え,異種の観光オブジェクトにはユーザの特性を考慮し少しの影響を与えるようにすることで適切な各観光オブジェクトの予定時間を算出できると考えた.本稿では,プロトタイプシステムを構築し,考察を行う.
    本研究の概念図
  • スライド
    準備中です.