• 探索的検索における検索行動アチーブメントとその評価  PDF  プレプリント
    山田 純平,北山 大輔
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.119, No.99,DE2019-6, pp.23-28, 2019年6月, 査読無, 【SoC2019 学生奨励賞】
  • 概要
    近年,インターネットと情報端末の普及に伴い,検索エンジンを利用し情報検索をする機会が多くなった.しかしながら,検索と閲覧を繰り返し行い,新しい知識を獲得しながら行う探索的検索では,同じような内容のWebページばかり見てしまい,短時間の検索によって効率良く情報が獲得できないことがある.そこで我々は,ゲームの要素を取り入れて課題解決を行うゲーミフィケーションという概念を用いて検索行動アチーブメントを提案した.具体的には検索行動中に行動回数を適度に通知することで区切りを与え,周辺知識につながる具体的な検索クエリを提示することで,ユーザに周辺知識を効率よく得られるような検索行動を促す手法である.本稿では実装したシステムの評価を行い,その有効性を検証する.
    本研究の概念図
  • スライド
    準備中です.