• コーディネート検索におけるユーザ評価の提示によるファッションへの意識変化手法  PDF  プレプリント
    知見優一,北山大輔
    情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2020-HCI-189, No.6, pp.1-6, 2020年9月, 査読無
  • 概要
    ファッションコーディネート検索では,ユーザは一般に検索結果中から「自分の好むスタイル」を選ぶ傾向にある.一方,ファッションコーディネートとしては,自分の好み以外にも,他者から見て評価が高くなることも重要であると考える.そこで,検索結果表示時点ではなく,ユーザが検索結果を選択したタイミングで,検索結果中のコーディネートの評価値(お気に入り数など)が表示されることで,ユーザの選択と他者から見た評価の差異を強調することで,好むスタイルと他者の評価の差異を意識させるような検索により,ユーザの意識変化を測る手法を提案する.本稿では,ユーザが使いたいアイテムと好むコーディネートスタイルを入力とした,コーディネート検索システムを実装し,検索結果中に提示するユーザ評価やスタイル情報などのメタデータの提示タイミングを変化させた実験を計画した.この事により,ユーザ評価の提示タイミングによる意識変化の効果を明らかにする.
    本研究の概念図
  • スライド
    準備中です.