学生自治とは

学生自治会って?

工学院大学I部学生自治会とは、「自分たちの大学をもっとよくしたい!」という学生一人ひとりの想いを現実のカタチにするために、昭和24年より工学院生が自発的に結成している自治組織です。
個人で自主的に活動できることには限界がありますし、個人で大学側へ要望を出しても一部の学生の少数意見として処理されてしまいます。そこで、自主的な活動をサポートしたり、学生全体の意見として大学側に要望を出したりする組織として学生自治会があります。
学生のみなさんは入学とともに自治会に入会していただき、様々な学生団体と共に、学生自治会の一部となります。また工学院大学では、学部・キャンパスを跨いだ大学全体で、ひとつの学生自治体制を形成しています。

近年、学生の自治活動は下火になり、自治会が消滅していたり有志のみで活動している大学も多々あります。そのなかで、学生の自発的活動を学生全体でサポートするしくみが敷かれており、活動のほとんどを学生の自由意志に任されていることは、工学院大学の大きな魅力のひとつです。
みなさんも、残り少ない学生生活を、自分の手で充実させてみませんか?

自治委員会委員長の挨拶

工学院大学学生団体ポータルサイト“SHAiR“にアクセスいただき、ありがとうございます。私ども工学院大学自治委員会は、工学院生の声を聞き入れ自発的に学園の向上を図る組織であり部活、委員会、サークルを統括し活動の援助をしていく学生組織です。

このポータルサイトでは、学園祭などの学校行事の情報や部活、委員会、サークルを運営していくうえでの手助けになるようなコンテンツを順次提供していく予定です。
学生自治に関する皆様からの意見・ご要望もこの“SHAiR“を通してお待ちしています。

皆様がこのポータルサイトで得た情報が学生生活の糧になり、また学生自治に興味を持っていただき工学院大学の魅力に触れていただければ、喜ばしい限りです。
いち工学院生として、皆様が充実した学園生活をおくれることを願っております。

2016年4月吉日

第68代 自治委員長 井上 勇気