高見が担当している授業の電子教材の入手はこちらの学内ホームページへどうぞ(学内専用)
(English version is under construction. Please visit my own homepage http://www.ttakami.com/)


プロフィール


高見 知秀 教授(Takami Tomohide)

常駐場所 八王子キャンパス4号館04-308号室(居室), 4号館04-356号室(院生共通実験室)  新宿キャンパス27階化学教員共通控室

内線 3251

趣味 装置作り、食べ歩き

モットー 0.99^{365} = 0.03, 1^{365} = 1, 1.01^{365} = 37.8


研究室の概要


このナノ化学研究室は、ナノの世界での化学を探求する研究室です。


皆さんは「ナノ」という言葉を聞いたことはありますか。

ナノというのはギリシャ語で「9」を意味する「ノナ」の逆、つまり10のマイナス9乗(十億分の一)というとても小さな数字で、1ナノメートルというと分子レベルの大きさになります。
どのぐらい小さいかというと、地球の直径を1メートルとすると、1ナノメートルはわずか1円玉の大きさになってしまいます。 この大きさになると人間の目では見えません。光学顕微鏡を使っても見えません。そんな見えない大きさのものをどうやって観察して操作するのか。

そこで登場するのが走査プローブ顕微鏡という装置です。

この「プローブ」というのは、先端がとても小さな針やピペットで、このプローブを使えば分子一個を観るだけでなく、操ることもできます。

当研究室では、ナノスケールのプローブ、つまり「ナノプローブ」を使って、様々な物を見て操る研究をします。
液体中のイオン濃度をナノスケールで観察したり、固体の表面に分子を並べて操作したり、ナノの世界での化学を研究します。
最近では、細胞1個にナノプローブを刺して、細胞内の特定場所の特定イオンを検出したり、逆に細胞に物質を注入することも行っています。


ナノプローブで何ができるか?それは想像力次第でいくらでも広がっていきます。

できたばかりの研究室なので、今は何もありません。そこから見えない世界で何を創っていくのか、とてもワクワクしながら様々な構想を練っています。
でも一人で出来ることには限りがあります。
そこで当研究室では、様々な研究室とのコラボレーションを行うことで、構想を現実に変えていきます。



ナノピペットを操るロボット「ナノモスキート」の開発

私たちは、これまでに開発してきた走査型プローブ顕微鏡の製作で培ってきた技術を応用して、ナノピペットの位置や液体注入を制御するロボット「ナノモスキート」を開発しています。

この「ナノモスキート」を開発することによりナノスケールでの工作加工や細胞工学への応用だけでなくこれまでに実現出来なかった基礎研究の可能性を考えています。





誤字訂正や質問はtakami@cc.kogakuin.ac.jpへ電子メールで送ってください。(@は半角の@に変換してください)
高見個人のホームページはhttp://www.ttakami.com/です。