高見が担当している授業の電子教材の入手はこちらの学内ホームページへどうぞ(学内専用)
(English page is http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~ft13537/index_e.html. Or please visit my own homepage http://www.ttakami.com.)


プロフィール


高見 知秀 教授(Takami Tomohide)

常駐場所 八王子キャンパス4号館04-308号室(居室), 4号館04-356号室(院生共通実験室)  新宿キャンパス27階A-2718号室(化学研究室)

内線 3251

趣味 装置作り、食べ歩き

モットー 0.99^{365} = 0.03, 1^{365} = 1, 1.01^{365} = 37.8


Profile:


Tomohide Takami, Professor

Address: 2665-1 Nakanomachi, Hachioji, Tokyo 192-0015, Japan

Room: Hachioji Campus 04-308 (office), 04-356 (Laboratory), Shinjuku Campus 27F A-2718 (branch office)

Hobby: Making apparatus and visiting restaurants

Motto: 0.99^{365} = 0.03, 1^{365} = 1, 1.01^{365} = 37.8


研究室の概要


このナノ化学研究室は、ナノの世界での化学を探求する研究室です。


皆さんは「ナノ」という言葉を聞いたことはありますか。

ナノというのはギリシャ語で「9」を意味する「ノナ」の逆、つまり10のマイナス9乗(十億分の一)というとても小さな数字で、1ナノメートルというと分子レベルの大きさになります。
どのぐらい小さいかというと、1ナノメートルをビー玉の大きさに拡大すると、ビー玉は地球の大きさになってしまいます。 この大きさになると人間の目では見えません。光学顕微鏡を使っても見えません。そんな見えない大きさのものをどうやって観察して操作するのか。

そこで登場するのが走査プローブ顕微鏡という装置です。

この「プローブ」というのは、先端がとても小さな針やピペットで、このプローブを使えば分子一個を観るだけでなく、操ることもできます。

当研究室では、ナノスケールのプローブ、つまり「ナノプローブ」を使って、様々な物を見て操る研究をします。
液体中のイオン濃度をナノスケールで観察したり、固体の表面に分子を並べて操作したり、ナノの世界での化学を研究します。
最近では、細胞1個にナノプローブを刺して、細胞内の特定場所の特定イオンを検出したり、逆に細胞に物質を注入することも行っています。


ナノプローブで何ができるか?それは想像力次第でいくらでも広がっていきます。

できたばかりの研究室なので、今は何もありません。そこから見えない世界で何を創っていくのか、とてもワクワクしながら様々な構想を練っています。
でも一人で出来ることには限りがあります。
そこで当研究室では、様々な研究室とのコラボレーションを行うことで、構想を現実に変えていきます。

Outline of our laboratory:

This laboratory was established on April 2015.

From the establisher of the laboratory:

We have been interested in the chemistry at nanoscale.

We have manipulated single molecules on surfaces with scanning probe microscope.

[For details, see our review paper: e-J. Surf. Sci. Nanotech. vol.12, pp.157–164 (2014). ]

Recently, we are interested in the manipulation using nanopipettes, which enable us to inject/extract molecules to/from living cells.

[For details, see our review paper: Nano Convergence, vol.1, p.17 (2014). ]

We are also interested in making novel nanoscale experiments possible.

So we sometimes make apparatus by ourselves.

We are waiting for newcomers to realize novel experiments and enjoy playing nanoscale chemistry with us.

We also have many collaborators not just in Japan but also in abroad.

So we are waiting for newcomers who like to speak nanoscale chemistry in English.

Please join us and enjoy nanochemistry.



ナノピペットを操るロボット「ナノモスキート」の開発

Development of "nano mosquito" to manipulate nanopipette


私たちは、これまでに開発してきた走査型プローブ顕微鏡の製作で培ってきた技術を応用して、ナノピペットの位置や液体注入を制御するロボット「ナノモスキート」を開発しています。

この「ナノモスキート」を開発することによりナノスケールでの工作加工や細胞工学への応用だけでなくこれまでに実現出来なかった基礎研究の可能性を考えています。

We have been developing a fantastic robotic tool "nano mosquito".

For the development of "nano mosquito", we apply our own techniques on the development of scanning probe microscope we constructed by ourselves including the scanning head and the controller.

The development of "nano mosquito" will bring the application to the nanoscale fabrication and cell engineering as well as to the research on basic science we could not conduct so far.




研究成果


卒業論文

2016年度 青山宜樹 「白金イリジウム線の交流電解研磨における周波数依存性」

2016年度 西山北斗 「ガラスナノピペット内に作製したセシウムイオン選択膜」

2017年度 喜多村陸斗 「交流電解研磨による白金イリジウム探針作製法の検討」

2017年度 渡辺 悠  「アルカリ金属を標的としたイオン選択性ナノピペットの作製と検証」

2017年度 平本尚弘 「交流電解研磨で作製した白金微粒子の周波数依存性」

2017年度 天沼伸之 「走査型マイクロインジェクション顕微鏡装置の要素技術開発」

2018年度 大見春奈 「イオン選択性ガラスナノピペットの調製に関する研究」

2018年度 太田望月 「ガラスナノピペットによる窒素及びアルゴンガスの真空コンダクタンス」

2018年度 沖 翔平 「交流電解研磨による白金イリジウム探針作製装置の開発」

2018年度 𠮷岡君太 「交流電解研磨による白金ナノ微粒子の調製に関する検討」


Published Papers (after moving to Kogakuin University) :

高見知秀, 細胞への自動インジェクション装置の開発と展望: 表面科学, Vol.36, No.12, 637-643 (2015).

Tomohide Takami, Kiwamu Nishimoto, Tadahiko Goto, Shuichi Ogawa, Futoshi Iwata, and Yuji Takakuwa, "Argon gas flow through glass nanopipette", Jpn J. Appl. Phys. 55, 125202 (2016).

Yoshiki AOYAMA, "Frequency dependence of alternate current electrochemical etching of platinum/iridium wire", Kogakuin University Research Report, 123, 53-58 (2017).

Hokuto NISHIYAMA, "Cesium ion-selective membrane fabricated in a glass nanopipette", Kogakuin University Research Report, 123, 59-64 (2017).

Tomohide Takami, Rikuto Kitamura, Takahiro Hiramoto, Shohei Oki, Kunta Yoshioka, and Yoshiki Aoyama, "Automatic shutdown system of alternating current electrochemical etching for the preparation of a platinum/iridium tip for scanning tunneling microscopy and the investigation of the byproduct of platinum chloride particles", Jpn J. Appl. Phys. 58, SIIC05 (2019).



誤字訂正や質問はtakami@cc.kogakuin.ac.jpへ電子メールで送ってください。(@は半角の@に変換してください)
高見個人のホームページはhttp://www.ttakami.com/です。