日本科学史学会 生物学史分科会

Biological Unit of the History of Science Society of Japan

このページは、日本科学史学会の生物学史分科会のページです。生物学史分科会は、米本昌平会長のもとおよそ200名の会員を擁し、学会誌『生物学史研究』を年2回(春と秋)発行しています。また夏に夏の学校、秋〜冬にシンポジウム、そして年6回ほど研究会を開催しています。

最新情報

総会・シンポジウム「人形のいる生物学史」は12月16日(日)です。お知らせをシンポジウムのページに掲載しました。。

分科会が共催するシンポジウム「放射線防護基準と放射線生物学---その歴史と現状 〜放射能汚染地域で暮らすリスクと避難の権利を考える〜」が2019年2月3日(日)に開催されます。詳細は「放射線影響研究と防護基準策定に関する科学史研究」のサイトをごらん下さい。

最新97号が2018年8月に発行されました。目次はこちらの『生物学史研究』のページをご覧下さい。

当会に入会をご希望の方は、購読会費として年額4,000円を郵便振替で下記の口座へお振り込み下さい。その際、振替用紙の通信欄に入会希望の旨、お書き添えください。

郵便振替口座
口座番号:00160-5-65030
加入者名:日本科学史学会生物学史分科会

会員は学会誌『生物学史研究』が年2回届けられるほか、学会誌への投稿、総会への参加ができます。シンポジウム・夏の学校は会員でなくても参加できますが、会員は確実に案内を受け取ることができます。分科会主催の研究会についてはこちらの生物学史研究会のページをご覧下さい。

事務局連絡先

〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2
工学院大学教育推進機構基礎・教養科林真理気付
日本科学史学会生物学史分科会事務局