本文へスキップ

前田研究室は光伝送技術を専門としています。

〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2 工学院大学工学部電気システム工学科 新宿キャンパス2212号室

研究テーマResearch

最近の研究

○○○○○○○○イメージ

「可視光を用いた映像信号の水中伝送技術に関する研究」

 海中では電波は減衰が大きく音声程度しか伝送できません。可視光は電波と比べて水中では減衰が少ないことが知られています。本研究の目的は、自由に動き回る潜水艇からTV生放送を可能とする伝送技術を開発することです。
 洋上の船と潜水艇とを光ファイバで結べば良さそうですが、潜水艇の行動を妨げたり光ファイバケーブルが切れたりする恐れがあります。また、潜水艇から洋上の船まで海中を直接光伝送をしたのではいくら減衰が少ないといっても非現実的です。
そこで、潜水艇の近くに光中継器を置き、潜水艇から光中継器までを可視光で、光中継器から洋上の船までを光ファイバでリレー伝送する方式を提案しました。 これまでに放送文化基金の助成を受けて、提案方式実現の鍵となる可視光の位置ずれ制御技術を中心とした研究を進めています。
 詳しくはこちらへ
      


大学着任後に行った研究

○○○○○○○○イメージ

「Wii端末を利用した赤外線の応用システムに関する研究」

ゲームで有名なWiiのリモコンには三次元加速度センサーや赤外線カメラ、Bluetoothの無線通信装置が搭載されています。この小型でインテリジェントな端末を使って、人感センサーを作る研究を初年度に行いました。
この図のように、反射した赤外線を検出することで、自転車による歩行者への衝突事故を防止するシステムを目指して基礎特性を測定しました。


大学着任前にNHKで行っていた研究    

○○○○○○○○イメージ

「Radio On Fiber (ROF) システムの研究」

NHK放送技術研究所に在籍中に精力的に取り組んだテーマのひとつです。
低損失な伝送ができる光ファイバの利点と、大容量の伝送ができるミリ波の利点を組み合わせたROFは、伝送方式や伝送容量の変更に柔軟に対応できるシステムとして期待されています。
図のようなケーブルを追加して敷設することが難しい集合住宅等に信号を効率的に伝送することが期待できます。


研究業績詳細はこちら


バナースペース

  全てLEDのイルミネーション

前田研究室

〒163-8677
東京都新宿区西新宿1-24-2
工学院大学工学部
電気システム工学科
新宿キャンパス2212号室